<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

HMS鈴鹿7回目 初中級ツーリングライド5回目 直パイが見えた

正月お休み期間中のHMS参加です。

うまいこといけば長男坊と一緒に鈴鹿までドライブできるかと思ってましたが、残念ながら日程が合わず一人旅に。
てことで交通費は自腹になりますので、高速は使わずに5時起きで下道で鈴鹿まで往復させていただきました。^^;

STECに9時前に到着。
いつものように13,900円(会員割引500円込み)支払って受付完了。
正直、いつも支払うときには「く〜、高いな〜」と思ってしまうのですが、よくその内容を考えると価格相応、いや安いくらいかな?と思います。


STEC中庭?にあるオブジェ?

待機室に入って用意された自分のカルテを取ります。
今回でHMSは7回目の参加。前回はバイクをCB400SFにしたのと、後方で余裕を持って走れたことが功を奏し、コーススラロームでは自分でも少し光が見えてきた感じでしたが、直線パイロンスラロームのリズムがまだまだ掴めない状態。
てことで、この日の目標は「直パイのコツを掴みたい」に。そして前回と同じく「やや後方で余裕を持って走りたい」と付け加えときました。

この日はお正月のせいか参加者は16名とちょっと少なめ。女性も3名ほど。
ただ最近、妙に若い人が目立つなと思っていたら、現在HMS(鈴鹿だけかな?)では「学割&U25割キャンペーン」を期間限定(2016年3月末まで)で実施中らしく、何と25歳以下の学生なら参加費が半額以下の5,500円になっているとのこと。(安っ!!!)
なるほどコレは超お得。若い人が増えて当然です。

ちなみにこのことを教えてくれた受講生は何と18歳。うちの息子たちよりも若いです・・。^^;
聞くと、アルバイトで貯めたお金でCBR250Rを買って乗っているらしい。
ちなみにうちの息子たちの方は今のところバイクには全く興味なし。近々4輪免許を取りに行くらしいが、それもAT限定とのこと。
ま、もしバイクに乗りたいと言い出しても、まず4輪に乗って3年以上経験してからでないと許可しないつもりでしたが、そんな心配もいらなそうな感じです。(しかし何だかな〜・・^^;)

さてインストラクターは、初めて見る方(プライベートではBMWバイクに乗っているらしい)と、以前一度お世話になったイケメンの若手インストラクターがサブとなっていました。(それにしてもいったい何人のインストラクターがいるんだ?)
この日も中上級クラスと同一開催のため、使用するバイクの希望を聞かれます。
で、何と12名がCB400SFを希望。(16名中です・・)

以前はもう少し大型バイクを希望する方もいらっしゃったと思いますが、この日はNC750Sが2名だけで、CB1100は何とゼロ。
ま、乗り比べると判るのですが、やはりCB400SFの乗りやすさが際立っています。
NC750Sはかなり倒せるのですが、低速でのエンジンコントロールが少しシビア。CB1100は逆にエンジンは扱いやすいのですが、ステップを擦りやすい。本当はCB1300SFがあればイイと思うのですが、残念ながらこの鈴鹿には置いていません・・。

ま、幸いにも2名の方が自主的に乗り換えていただけましたので、無事今回もCB400SFをチョイスすることができました。(乗り換えていただいた方には心より感謝申し上げます・・)

ちなみに、この日のCB400SFは昨年末に入れ替えられたほぼ新車でした。(わお・・)


この日お世話になった新車のCB400SF(ABS付き)

走行距離は何と70km。
たぶんまだ2回くらいしかスクールで使用されていないと思われますが、よく見るとエンジンガードに早くもスリキズがありました。(ま、仕方ありません・・^^;)

ちなみにこのCB400SFの新車価格はABS付きで80万円超。今回も10台くらい入れ替わってた感じ。どれくらいのスパンなのか判りませんが、結構頻繁に車両入替えをしているようです。その他にタイヤもかなり頻繁に交換されてるようですし、よく転倒するので修理代も結構かかりそう。そしてインストラクターも多いし、事務の人も3、4人いそうだし、STECの建物自体の維持費も・・。何て考えてると、やはり13,900円てのは安いよな〜、と思ってしまいます。

さて最初の課題はブレーキング。
いつものように一定強度で目標ラインで停止するもの。ま、これだけは得意科目です。最大60km/hからのブレーキングもありましたが、今回もイケメンインストラクターに「安定してますね〜」とお褒めの言葉を何度かいただきました。(あざす・・)
ただこの日は走行よりも説明の方にかなりウェイトを置いていた感じ。てことで走行距離もまだ10kmにも満たないままに、午前中は終了してしまいました。
ま、この辺りは初中級クラスということで初めてHMSに参加される方も多く、仕方のないところ。もっとガンガン走りたい人は上のクラスへステップアップすれば良いだけです。

昼からはコーススラローム。
出発前に全員横一列に並んでいるときに、インストラクターが「今の位置より前で走りたい方は少し前進、後ろで走りたい方は少し後退してください」と言われましたので、すかさず後進しときます。
てことで、無事後ろから3番目あたりの位置をゲット。ま、走ってみて、かなり余裕があれば前に移動させてもらう感じで、とりあえずスタートします。

最初はコース確認で2周ほど回ります。
で、次に「左手をハンドルから離したまま、右手だけで走ってみてください」とのこと。
コレは初めての試みです。左手は左膝の上に、右手は軽くアクセルを調整するだけで、要するにハンドル操作はせずに、傾きだけでバイクをコントロールしなさいということ。ギヤは2速固定で20〜30km/h程度のスピード。
ま、意外に結構できました。ニーグリップしながら曲がる方向に身体を向けること、そして傾け具合に気を付けること。セルフステアの感覚がよく分かって何だか面白い。

その後、いつものように普通に両手を使ってのハイペース走行へ。
かなり後方の位置でしたが、この日の参加者のレベルはかなり高かったようで全然問題なし。余裕がありながらもイイ感じのペースで走ることができました。
しばらくすると、イケメンインストラクターより「前がイイですか?後ろがイイですか?」と声がかかりましたので、「後ろでお願いします」と言って後ろから私の走りをチェックしてもらいます。
結構緊張しながらも一周を走り終えて、そして出た診断結果は「上半身をもっと柔らかく」とのこと。姿勢がやや立ち気味らしく、少し背中を丸めて腹筋に力を入れるように言われました。
自分では大分柔らかくしているつもりでしたが、まだまだ上半身の力が抜けていないようです。(う〜む、一度自分の走りをビデオで見てみたい・・)

で、最後はいよいよパイロンスラローム。私にとってのメインディッシュです。
前回のHMSの後、自分なりにネットを屈指して走り方を研究したり、グロム号でも一度空き地でコソっと練習してたりしたのですが、その甲斐あってか何かこうリズムを掴む予感が感じられるようになりました。(お・・)
そして何周か走っているうちに、徐々にそのリズムが安定してきました。私にとってのキモは、パイロンに対するバイクの進入角度と視線。この二点に気を付けると、かなりテンポ良くクリアしていけます。
身体の芯は一定でバイクだけを斜めに切れ込ませる感じ。「あ、コレだ、コレがやりたかったんだ!」と、何だかスキーのウェーデルンが出来た瞬間を思い出しました。いやもう何だかかなり嬉しいです。(^^)

で、しばらくすると、またイケメンインストラクターより「前がイイですか?後ろがイイですか?」と声がかかりましたので、「後ろでお願いします」と言って私の走りをチェックしてもらいます。
で、診断結果は「大分良くなってます」「もっと速度を上げていきましょう」「オフセットスラロームが少しS字になってますので、もっと直線&小回りを意識してください」とのこと。
すると「次は私が前を走りますので、付いてきてください」と言われましたので、遠慮なく後ろに付いて走ることにします。

実はインストラクターの真後ろに付いて走るのは初めて。
いや、とにかく走りやすい。そしてライン取りはもちろん、コーナリングの速度や、そして姿勢もスゴク参考になる。いやコレは思ったよりも身になる感じ。
で、走り終わってから「上半身がどうしても固くなるのですが、力を抜くポイントってありますか?」と聞いてみました。
すると「何より下半身を安定させること。ニーグリップです」「下半身が安定しないから、上半身で身体を支えようとしてしまうのです」とのこと。(あ、そうか・・)
ま、ちょっと考えれば分かることなのですが、自分だけではなかなか気付けないこと。
てことで、わざわざバイクをセンタースタンドで立てて、その上に跨ってニーグリップと姿勢のレクチャーを受けました。(ありがとうございます・・)

それと今回も別途Uターン練習エリアが設けられていました。
実はこのUターンも先日グロム号でコソ練していたのですが、どうもいまいちコツが掴みきれてません。
ま、とりあえずチャレンジ。
う〜ん、左回りは何とかクリアできるものの、右回りがどうもダメ。一般的にUターンは右回りの方が多いので、ちゃんと習得したいところです。
するとインストラクター曰く、「右手を手前に引いたときのアクセル操作が窮屈になってますので、止まったままその体勢でアクセルを回す練習をすればいい」とのこと。
で、「おお、なるほど」と少し練習するだけで、まだ不安定ながらも本当に曲がれるようになってきました。(素晴らしい・・)

てな感じで、この日もあっという間に16時に。
ちなみにこの日の走行距離は30kmちょっととかなり少なめ。
でも今日は人数が少なかったせいか、インストラクターより直接ご指導いただくことが多かったので大満足です。
とにかく走りまくるのもイイですが、こうしてアドバイスを受けることも大事。やはり言われて初めて気が付くことも多いです。
それにしても直パイにも光が見えてきたことが嬉しい。まだまだ道のりは長いと思いますが、少しずつでも成長できることが本当に楽しい。

さて次回は2月かな。
ま、寒い季節のせいか、予約も結構取りやすそうですので、天候を見ながら申し込みする方が良さそうな感じ。
この季節の雨は嫌ですし、雪でも降ったらそもそも鈴鹿まで行けないし・・。

て言うか、別にこんな寒い時に行かなくてもエエのか・・。笑


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(2) | trackbacks(0)

BMW RnineTを試乗してみる

水平対向2気筒の空油冷エンジンで、排気量は1169cc。最高出力は110ps。
重量は222kg。シート高は785mm。新車価格は190万円・・。

ま、もちろん今回の大型バイク購入候補に入る予定は全くありませんが、BMW伝統のフラットツインエンジンというものを一度味わってみたいと思ってましたので、コレはまさに千載一遇のチャンスです。(冥途の土産か?)

実車を間近で見ると、とにかく塊(かたまり)感が凄い。
何かギュっと凝縮した感じ。そしてすべての質感が高く、高級感もプンプン漂います。


シリンダーヘッドが真横に飛び出してます・・

跨った感じは、何かイノシシの背中にでも乗っているような気分。(もちろん乗ったことはありませんが・・)
ハンドル位置が思ったよりも低く、やや前傾姿勢になります。
店員さんからは「低速のトルクがあまりありませんのでご注意を」とのこと。
てことで、やや回転を上げながら慎重にクラッチを繋いでスタートします。

「ズドドドド・・」と、結構な鼓動感にちょっとビックリ。(おお、コレは・・)
もっと洗練されたフィーリングを想像していたのですが意外にもかなり野性的。とにかくピストンが一発ずつ爆発している感がスゴイ。エンジンのメカニカル音よりも排気音の方がよく目立つ。ハーレーやモトグッチともかなり違います。でもコレはコレで面白い。
それとアクセルを開けると、かなり車体が右に振られます。モトグッチV7よりも顕著な感じ。空ぶかしだけではなく、加速中やシフトダウンしたときにも感じます。ま、でもV7の時ほどビックリしませんでしたが・・。(慣れたのかな?)

で、またコンビニで撮影をしときます。


ややズングリなスタイル


でもカッコイイ


非常にシンプルなリヤ回り


完全にはみ出てるシリンダー


現代的なデザインのメーター

こんなこと言ったら怒られそうですが、超高級なグロム号って感じ。
でもそこはさすがBMW。その精巧で高級感漂うデザインの巧みさと質感の高さに思わず見とれてしまいます。シートひとつとっても、やはりグロム号とは出来が全然違います。(当たり前です)

乗り味もいかにもドイツ車って感じでカッチリ。結構重厚感があってビシっと安定してます。でもアクションを起こせば素直にレスポンスを返す感じ。グイっと加速し、スパっと曲がり、そしてギュっと止まります。
そして低速ではかなり鼓動感の目立つエンジンも、高回転域では人が変わったようにスムーズ。2速で法定速度を超えるスピードまで引っ張っても息苦しさなんて微塵もありません。そのままずっと走っていられそう。まさにギュンギュン回ります。(すげ〜・・)

それにしても楽しいバイク。ゆっくり流してても、そして回しても思わずニヤついてしまう。やはり国産バイクとは一味も二味も違います。
豪華なフルカウルのツーリングバイクや、ど迫力のアメリカンバイクもイイですが、こういう一見シンプルな高級バイクにサラっと乗る大人(大阪のオッサン)というのも結構イケてるような気がします。
ただしやっぱりちょっとイケメンでないとな〜。ま、私の場合は容姿はもちろん、肝心の資金力もありませんが・・。(;O;)

てな感じで、楽しい試乗もまたあっという間に終わってしまいました。
店員さんに「水冷の水平対向もこんな感じなのですか?」と確認すると、「いやかなり違います。これはちょっと特別で古いBMWっぽい味をわざと出してるんです」とのこと。(おお、そうだったのか・・)
では現代の水平対向はどんな感じなんだろ?と気になりますが、ま、その辺りはまた次の千載一遇のチャンスに残しときましょう。^^;

さ、もう今年も終わりですね。
さて来年早々にも発売予定のトライアンフボンネビル「ストリートツイン」がいよいよ日本に到着したようです。

ついに上陸したストリートツインの車両チェックに同行





エンジンは水冷SOHC8バルブ並列2気筒で排気量は900cc。
空冷ボンネビルよりもトルクを増したスペックで、燃費もかなり向上してるらしい。また車両重量も198kgと何と30kg以上軽くなっています。
車両価格は100万円ほどで、空冷ボンネビルとほぼ同じ。しかもABSとトラクションコントロール付き。
動画で視た感じでは、エンジンサウンドもなかなか良さげです。
ただ苦楽園さんが以前チラっと指摘されたとおり、まるで空冷かと思わせるフィン付きのエンジン外観がちょっとイケてないような気も・・。

ま、何にしても年明け早々にでも試乗できそうな感じで、とても楽しみでし。。。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(4) | trackbacks(0)

BMW F700GSを試乗してみる

アドベンチャーツアラーと言えばBMW。
私がまだ今ほどバイクに興味がない頃でも、そういうイメージを持っておりました。

しかし現行のラインナップを見ると、何とか私の予算内に収まりそうな(まだ分からないが・・)アドベンチャータイプはF700GSくらいで、有名なR1200GSや、最近評判が良いS1000XRもすべて200万円オーバーマシン。さすがにこれらは手が出ません・・。

てことで、とりあえず以前F800Rを試乗したモトラッド大阪中央にF700GSの試乗を申し込んでみました。

PC270125.JPG
モトラッド大阪中央

「そんなに大きくないな」というのが、実車を見た第一印象。
前日のヤマハMT-09Tracerよりも一回り小さい感じ。F800Rと大きさ的にはあまり変わらない印象です。
ちなみにシート高は765mmとアドベンチャータイプにしてはかなり低め。ただし車重は218kgと結構あります。
早速跨ってみますが、さすがに余裕の足つきで、全く不安感はありません。

エンジンを始動。
エンジンは798ccの並列2気筒で基本的にF800Rと同じですが、パワーもトルクも低回転向けにチューニングされているようです。
F800R同様にツインエンジンにしてはかなり滑らかな感じで、MT-09Tracerに比べるとやや低音指向。

店員さんに試乗コースを確認してからスタート。
特に問題なく発進。低速からスムーズに加速し、クラッチ操作もカツカツと節度良く決まります。
ただシート高が低いためか、アドベンチャータイプ特有のあの好視界感をほとんど感じません。とにかくいたって普通で非常に乗りやすいバイクって感じ。

と、ふとグリップが暖かいことに気付きました。よく見ると、何とグリップヒーターが装備されています。
初めてグリップヒーター付きのバイクに乗りましたが、なるほどコレは快適。冬用のグローブ越しでも結構暖かさを感じます。て言うかちょっと熱いくらい。二段階に調節できるようですので、とりあえず低い方に切り替えておきます。

で、途中のコンビニでまた撮影タイムに。

PC270114.JPG
F800Rと似たサイドビュー

PC270116.JPG
愛嬌のあるフロントビュー

PC270122.JPG
F800Rと同じメーター類


グリップヒーターのスイッチあり


ガソリンタンクはリヤシート下にあります

乗り味的にはF800Rを少しマイルドにした感じ。
エンジンはそれなりに勢いよく加速しますし、ハンドリングもアドベンチャータイプにしてはとても軽く、ブレーキも気持ち良く効きます。
しかし何ともアドベンチャーらしさに欠ける。昨日のMT-09Tracerにもあった、いかにも大きなバイクを操縦しているという特別感がなく、いたって普通のバイクに乗っている感じ。
たぶんダートなどを走ると全然違ってくると思いますが、今日のような試乗コースであれば、より軽くてパワフルなF800Rの方が走っていて楽しいかも。

ちなみにこのF700GSの新車価格は127万円。
う〜ん、林道などを走る機会が多いのであれば、このバイクをチョイスするのもアリかと思いますが、実際のところ127万円ものバイクで転倒リスクの高い林道を走ること自体が、今の私にはありえないです・・。^^;
アドベンチャータイプを選択するにしても、そのワイルドな雰囲気を味わいたいだけで、実際に走るかどうかは全然別。
ま、どうしても林道が走りたくなったら、小さなオフロードバイクを中古で買うかもしれません。(一体何台持つつもりやねん?)

てな感じで、このF700GSの試乗もあっという間に終了してしまいました。(相変わらず早すぎる・・)
とりあえずこの試乗でわかったことは、グリップヒーターの快適さと、アドベンチャーツアラーのシート高は低すぎてもダメだと言うことか?(タイガー800もローシート仕様ではなくノーマル仕様の方がエエのかな?)

ま、コレで一応今ある購入候補車はすべて乗り終わった感じ。
あとは来年発売予定の新型トライアンフボンネビルとモトグッチV9を残すのみ。とりあえず一段落です。(ああ、しかしたくさん乗ったな〜・・)

と、ふと店先に面白そうな試乗車が置いてあるのが目に入りました。(ん?)


ん? コレは・・

今日は奥さんが仕事ですので私が夕飯を作らないといけないのですが、まだ十分に時間はあります。
で、とりあえず店員さんに「あの試乗車も乗ってみてイイのでしょうか?」と聞いてみます。すると「あ、はい、どうぞどうぞ」との快い返事。(おお、エエのか・・)

てことで次回は、歳末特別増刊号「BMW RnineT を試乗してみる」に続きます。。。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(2) | trackbacks(0)

ヤマハMT-09Tracerを試乗してみる

本日の試乗バイクはヤマハのMT-09Tracerです。
実は国産バイクはこれまでレンタルばかりで、試乗するのは初めてです。

行ったのは、MT-09Tracerが試乗できるYSP店で一番近かった八尾の「YSP大阪東」です。
もう12月だと言うのに結構たくさんのお客さんが来てます。さすが今一番元気があるヤマハというところでしょうか。

とりあえず店員さんに軽く声をかけて、試乗を申し込みます。
ま、予約してましたので、いたってスムーズにMT-09Tracerを準備していただけました。



「お、写真よりも何だかカッコイイな」が、実車を見た第一印象。
大型アドベンチャーツアラーらしく存在感と華のあるスタイル。この鮮やかな赤色がとてもよく似合ってます。(ヤマハHPではもっとワイン色ぽかった・・)

エンジンは今人気のMT-09と同じで、直列の3気筒で排気量は846cc。
車両重量は210kgと、MT-09(188kg)よりも少し重めですが、それでもこのクラスでは軽い方。
ただしシート高はかなり高め。二段階に調整可能ですが、低い方でも845mmとこれまで乗った中では最大シート高となります。

このMT-09Tracerを試乗するにあたっては、何よりこのシート高が気になっていましたので、とりあえずサクっと跨ってみます。
両足のつま先が何とか付く程度。しかし重心が下の方にあるのか、先日のタイガー800よりも安定している感じ。スタンドを払って車体を起こすのも特に問題ありません。(お、いけるいける・・)

とりあえずスタートします。
いたってスムーズに加速。図体はデカいですが、走りはとても軽やかな感じ。でもアドベンチャーツアラーらしく安定していて、いかにも大きなバイクを運転しているという気持ち良さがあります。
エンジンは「ギュイーン」と少し乾いた感じの音。それほど特徴的な音ではありませんが、力強く滑らかな感じで悪くありません。そういえばBMWのF800Rに似ているような気がします。ただ加速はスゴイ。モードを三段階に切り換えできるのですが、標準モードでも十分以上の加速です。
ブレーキも軽く効きますが、低速ではややカックンブレーキ。少し注意しないと立ちゴケしそうです。

とりあえず途中のコンビニでまた撮影しときます。


かなりメカメカしいスタイル


お顔はシュっとしてます


パニアケースが付けやすそうなリヤ回り


ボリュームのあるタンク


フルデジタルメーターです

トライアンフタイガー800ほどの心地良いエンジンがあるわけでもなく、KTM1050アドベンチャーほどの上等な乗り心地があるわけでもなく、特に何かスゴイ印象を残すようなバイクではないのですが、全般的に非常によく出来ています。とにかく不満点が見当たらない。
スムーズでパワフルで扱いやすい3気筒エンジンと、軽快で安定感のある乗り心地、そして結構存在感のあるスタイルと、すべてがスツなく纏まっている感じ。

それにしても、こういうアドベンチャーツアラータイプでのワインディングでの走りってどんなのだろ? ま、その辺りは、近々NC750Xを借りてじっくり検証してみよう・・。


この角度からのスタイルがかなり良い感じ・・

ちなみにこのMT-09Tracerの新車価格は105万円。
コレは安い。いや、国産としては決して安くはないのですが、この内容を考えるとやはりお買い得だと思います。(ある意味コレがこのバイク最大の売りかも)
そして車高を30mmローダウンさせるキットが約2万円とのこと。これまたメッチャ安い・・。
この日乗った感じでは、30mmもダウンしてもらえれば十分安心して乗れそうです。

ただタイガー800XRXの中古(トライアンフ認定中古車・ローシート仕様)なら約25万円の差。この差ならやっぱりタイガー800かな? あのエンジンと何より上品な雰囲気が魅力的やしな〜。いや、でも25万円もあったら、パニアケースとかキャンプ用品とかにもかなり予算を回せるぞ。
いや、でもこのMT-09Tracerはめっちゃ売れてるらしいしな〜。実用車ならともかく趣味のモノであんまり他人とカブるのもな〜。やっぱりタイガーかな〜。苦楽園さんとカブるけど・・。でも早く決めないとあの中古車売れてしまうかも・・。でもBMWのアドベンチャーや、新型ボンネビル、そして新型V9も乗ってみたいしな〜。

ああ、どうしよ〜。。。。"(-""-)"


にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(2) | trackbacks(0)

ソロキャンプ予行演習

来春からのバイクソロキャンプ実行に向けて、着々と用品が揃ってきた。

コーヒーはブルックスのドリップバッグだが、まあ十分に美味い。
PRIMUSのウルトラバーナーが超便利。
あとはテント関係を揃えていけば、何とかなるやろ。(エ?そっちが先か?)



それにしても演習場所をマズった。ココは寒すぎる。

早く撤収して、とっとと試乗に行こう。。。


にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(5) | trackbacks(0)
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM