<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ホンダS660をもう一度試乗してみる

ホンダS660には、昨年の5月ごろに一度試乗したことがあります。

素直に「おお、コレはカッコイイ車だな・・」と思いましたが、とにかく試乗時間が短く、またCVT仕様だったこともあって、乗っての印象は正直それほど深いものではありませんでした。
ま、その当時はバイクに対する興味の方が大きかったので、あまり真剣に考えなかった部分もあると思います。

で、ふとホンダのサイトを見ると、自宅近くのディーラーにMT仕様の試乗車があることを発見。(お!)
ま、とりあえずヒマなので、軽く試乗をしてみることにしました。



いや意外に良かった。
何よりマニュアルトランスミッションの操作感が素晴らしい。
短いストロークでまさにスコスコと決まる。レバーの位置も自然で、クラッチペダルは軽く、ミートの感覚も心地良い。
そしてアクセルと背後のエンジンとの繋がり感が素晴らしい。CVT仕様ではややもっさりと感じたエンジンも、人が変わったように元気に感じます。

やはりこの車はMTに限る。
先日乗ったコペンは、オープンの開放感を気軽に楽しむクルマですので、どちらかと言えばCVTの方が似合っているように思います。
着座位置もそれほど低くなく、インテリアもいたって普通な感じですので、クローズドにしてるとそれほど「特別なクルマに乗っている感」は感じられません。

逆にこのS660は、まず頭をぶつけずにスマートに運転席に乗り込むだけでも一苦労。(ひざを痛めそうや・・)
そして荷物スペースはほとんどないので、二人で乗ると脱いだ上着どころか財布でさえもどこに置くか悩んでしまう始末。
もう単純に運転を楽しむだけの乗り物。まるでバイク感覚。実用性なんてあまり考えてません。奥様と二人でスーパーに行っても、買ったものは奥様の膝の上か足元に置くしかないでしょう。(もちろんトラック野郎師匠との星撮りなんて絶対に行けません・・)
でもちゃんと雨風はしのげるし、真夏でも真冬でもエアコンが効きますので、一人で乗るならバイクより遥かに快適です。

こんなクルマで、一眼レフだけ持って気ままな旅に出るのもイイですよね〜・・。
しかし本体価格は安い方のグレードでも約200万円と、軽自動車としてはあり得ないプライス。でもこの内容を考えると十分納得できます。
ま、将来のリセールバリューもかなり見込めますので、ヘタに大型バイクを買うよりもトータルコストでは安くなるような気もします・・。(ま、それだけの資金があればの話ですが・・^^;)


ちなみに現在の納期は、今発注して年内ギリギリ入るかどうかとのこと。。。(へ?)
 
クルマ関連 | comments(2) | trackbacks(0)

ダイハツコペンを試乗してみる

諸般の事情により、大型バイクへの乗り換えは一旦諦めることにしました。

てことで、以前から気になっていたクルマを試乗してみることに・・。


ダイハツコペンセロ

本当は一つ前のまるでお椀を逆さに伏せたようなスタイルの方が好みなのですが、実際乗ってみるとさすが最新モデルだけあってとても良く出来ています。
実は以前ホンダS660にも試乗したことがあるのですが、乗り比べるとコペンの方が私には合っている感じ。ちょっと緩いところがあるのが良い。とにかくオープンカーの楽しさが満載です。

でも一度大型バイクのダイレクト感を知ってしまうと、やはり何かこう物足りない感が出てきてしまう。
正直これならホンダNC750Sの方が100倍楽しい。
いやこれはコペンだからではなく、ロータスエリーゼに乗ってもたぶん同じことでしょう・・。

ま、でも、もう自分で決めたことですから、ブツブツ言っても仕方ありません。
また何か楽しそうなことを新たに見つければ良いことです。

う〜ん、何かねえかな〜。。。


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村
クルマ関連 | comments(7) | trackbacks(0)

バイクは危ない

奥方にこんな誓約書を提出しました。



しかし実家の母親には「50にもなって何を考えてるの?!」と、こっ酷く叱られ、奥方のご両親もあまり良い顔をせず、実際私も「そこまでして大型バイクに乗りたいのか?」と自問自答する日々となってます。

ま、どうしてもバイクにはまず「危ない」というダーティなイメージが付き纏うようです。
確かにバイクには危険な部分があると思います。
でもそれは乗り方や安全装備でかなりの部分まで軽減されると分かったので乗ることにしましたが、世間一般的なイメージを払拭するのは正直かなり難しいです。
HMSでお会いする方々など、いたって紳士的なライダーもたくさんいらっしゃるのですが、大阪の街中を傍若無人に走っているバイクなどを見ていると、誰もが「危ない」と感じることは当然だと思います。

ちなみにロードバイクは、世間一般的には「良い趣味をお持ちですね」とかなり好意的なイメージを持たれます。
ただコレも実際はかなり危険な乗り物で、私の周りでも骨折などを経験しているメンバーはかなりの数に上りますし、事故に遭って相手の保険金で自転車を乗り換えたという話もよく耳にします。でも一般的にはまさかそこまで危ないものだとは知られていないだけのような気もします。
ま、私もスズカ5ステージでの超カオスな雰囲気などは、奥方には絶対言えませんでしたが・・。笑

てことで、バイクについては、もうちょっと時間をかけて考えてみます。。。


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(5) | trackbacks(0)

トライアンフタイガー800XRXをもう一度試乗してみる

トライアンフにはメーカーが品質保証をする認定中古車制度があります。
で、今一番気になっているタイガー800XRXも、販売店で試乗車として使われてきた車両が何台か出品されていましたので、その中の1台を実際に見に行くことにしました。

行ったのは茨木市にあるトライアンフの大阪北店。
あの光岡自動車が母体となっているお店のようで、隣にはBMWのモトラッド店も併設されていました。


お目当てのタイガー800の認定中古車

まずは実車を確認します。
登録は昨年の4月で、走行距離は400km程度。営業スタッフ曰く立ちゴケ等も全くないとのこと。
久々に見るタイガー800ですが、やはりかなりのサイズ感。先日乗ったKTM1050アドベンチャーもかなり大柄でしたが、このタイガー800もあまり変わらない感じ。でも見た目はタイガー800の方がスマートな印象です。

軽く操作説明を受けて、そしてとりあえず跨ってみます。
シート高は810mmですが、シート幅が広いためか結構足つきが悪い。
でも先週レンタルしたNC750X(830mm)と同じ程度で、もう慣れてきたのか以前試乗したときほどの不安感はありません。ま、オプションのローシート(20mmダウン)を装着すればいけそうな感じです。
ただ車体を起こすときなどが結構重い。それほど取り回しに往生するほどではありませんが、全体的に1050アドベンチャーの方が軽かったように思います。

とりあえずスタート。
一旦走り出せばやはりかなり快適。とにかくヒュンヒュンと滑らかに回るエンジンが相変わらず心地良い。
案内された試乗コースは、高速走行からワインディングそして街中と、結構変化に富んだルートです。
で、タイガー800で初めてワインディングを走りましたが、特に問題なく結構楽しめました。でも1050アドベンチャーの方がもっとレスポンスが良かったような気も・・。(気のせいか?)


KTM1050よりもスマートな印象


リヤスタイルも存在感あります


トライアンフらしいフロントフェイス

30分ほどで帰還。
で、早速スタッフに見積作成を依頼します。

そしてその間に、新発売のストリートツインの試乗車へ・・。


新型の水冷エンジンです

水冷の並列2気筒で、排気量は900ccと結構大きめ。
でも重量は198kgと軽く、そしてシート高も750mmとかなり低めで、跨った感じはまるで400ccクラスのようです。

で、サクっと同じコースを試乗します。
エンジンはかなりの鼓動モード。メカニカル音よりもマフラーからの排気音の方がよく目立ちます。
モトグッチV7のような「ドロロン」とした感じではなく、「ボボボン」ともっと歯切れよく乾いたサウンド。空冷ボンネビルのようなメカニカル音と排気音の絶妙なコラボはあまり感じられませんが、決して悪くはありません。

で、試乗コースを30分ほど走った印象は「乗りやすい」の一言。
とにかくサイズが手頃で安心感満載です。そしてエンジンはパワフルで扱いやすく、ミッションはスムーズでハンドリングも軽快。ボボボと定速でゆっくり走るのも楽しい。
ただ少々安っぽく見える所があるのと、何とか空冷っぽく見せようとしているエンジンがどうにも私的にはイケてない・・。
正直これなら空冷ボンネビルかモトグッチV7の方がいいかな〜。。。

と、思いながらお店に戻ると、タイガー800の見積が出来上がってました。

見ると、新車で買うよりも乗り出しで20万円は安い感じ。ま、もしタイガー800を買うならやっぱりこの認定中古車がベストでしょう。
この販売店なら何とか自宅から行くこともできるし、お店の雰囲気も良さそうだし、サービスもしっかりしてそうだし・・。(ただ師匠と色までカブってしまいますが・・笑)
でもヤマハMT-09Tracer(改めて考えるとよく出来たバイク)なら新車で買える金額ですし、逆にもう少し(いや相当)頑張ればKTM1050アドベンチャー(まだ未練あり)も見えてきます。
ま、この辺りは、自分なりにどこにどれだけの価値を見い出すかてところですが、う〜む、結構難しい・・。

それとこの日ストリートツインに試乗して、そのあまりの乗りやすさに「今の私にはこのくらいのサイズのバイクが一番合っているのかも・・」とも感じてしまいました。
タイガー800も1050アドベンチャーも、もちろん乗れないことはないのですが、やはりその大きなサイズを少々持て余し気味であることは否めません。
モトグッチV7(あの鼓動感が忘れられない)やF800R(何たってBMW!)くらいのサイズならもっと気軽に乗れそうな気もしますし、無理して分不相応なバイクに乗ることもないかなと・・。
しかしアドベンチャーツアラーには、大きなサイズだからこその魅力もありますし、乗っているうちに乗り慣れてくるかもしれません。(どっちやねん・・)
ま、何にしてもそうそう買い替えできるものではありませんので、後で後悔しないためにもよく考えないと・・。

う〜ん、しかし色々と考えすぎて頭の中が飽和状態になってきたぞ〜。。。


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(2) | trackbacks(0)

KTM 1050アドベンチャーをもう一度試乗してみる

NC750Xを丸一日レンタルしてみて、アドベンチャーツアラータイプの良さを再確認しましたので、その翌日に早速KTM神戸さんへと再訪問させていただきました。

もちろん狙いは1050アドベンチャーです。
前回の試乗では、Duke390のついでに「ちょっとコレもどうですか?」と、社長に勧めらるがままに何の心の準備もなく試乗しましたので、元気一杯なDukeシリーズとは全く違うジェントルな走りに「何コレ?めっちゃエエやん!」とただビックリしただけで終わった感じでした。

その後、KTMのアドベンチャーシリーズやこの1050アドベンチャーについて自分なりに研究していくうちに、「うん、コレもかなりイイな・・」と、タイガー800の対抗馬として急浮上。
ただ問題は新車価格が150万円とかなり高く予算的に厳しいところと、シート高が標準で850mmと非常に高いこと。
シート高については、KTM神戸オリジナルローシャーシ仕様で800mmまで下がるのですが、その場合は別途20万円ほどの費用がかかってしまうので、こうなるともう予算的に完全にオーバーしてしまいます・・。

てことで、この日の目的は以下の2点。

1. 標準シート高850mmでは無理なのか? もしくはローシートだけではどうか?
2. 実際の乗り出し価格はどんな金額になるのか?

てことで、まずは再試乗です。


何と言ってもダカールラリー制覇メーカーです


特徴のあるフロントビュー


ガッシリした後ろ姿


非常に丁寧な作りです


KTM神戸オリジナルの50mmローシャーシモデル・・

正直最初に乗った時ほどのインパクトはもうありませんが、相変わらず力強くてスムーズなエンジンと軽快で安定した走りが素晴らしい。
そして見た目は大きくてよく目立ちますが、車重自体はそれほど重くなく、実際の取り回しもそれほど気にせずに済みそう。
ただし問題のシート高はこの800mmで何とか不安なく乗れるレベル。これ以上は1cmでも高くなると正直厳しい感じです。
てことで、この1050アドベンチャーにはKTM神戸オリジナルのローシャーシ仕様でしか乗れないということが確定しました。(う〜ん、やっぱり無理か・・)

で、試乗を終えてから、若い営業スタッフに色々と話を伺います。
すると何とKTMではこの1月から「俺のKTM」なるキャンペーンが始まっているらしく、その内容は25万円分のパーツプレゼントや低金利ローンなど、かなり気合いが入ったものらしい。(ん?25万円分?)
てことで、社長に確認していただいたところ、何と800mmへのローシャーシ化も・・・(エ?いいんですか?)、そして乗り出し価格の見積も・・(エ?もうそこまで?)、ついでにグロム号の査定も・・(エ?売っちゃうの?)、そしてローンシミュレーションも・・・(エ?これならいける?)、てことで、あっという間にもうハンコ押すだけの状況となりました。。。笑

ただ、それでも当初の予算を大きく超過してますし、スタイルやエンジンのフィーリングについては、やはりタイガー800の方が好みですので、ここは「いや、ちょ、ちょっと考えさせてください・・」と言って、何とかお店を後にします。(危なかった・・)
ま、とりあえず近々もう一度タイガー800にも乗って、その乗り味を再確認してみようと思います。
あ、もちろんその時にはストリートツインも試乗してみるつもりですし、そして何とかモトグッチV9に乗るまではガマン・・・したいところ。

う〜ん、しかし何だか一気に佳境を迎えてきた感じ。
さてどんな結末が待ち受けているのでしょうか?


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村

バイク関連 | comments(2) | trackbacks(0)
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM