<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< BMW F700GSを試乗してみる | main | 謹賀新年 >>

BMW RnineTを試乗してみる

水平対向2気筒の空油冷エンジンで、排気量は1169cc。最高出力は110ps。
重量は222kg。シート高は785mm。新車価格は190万円・・。

ま、もちろん今回の大型バイク購入候補に入る予定は全くありませんが、BMW伝統のフラットツインエンジンというものを一度味わってみたいと思ってましたので、コレはまさに千載一遇のチャンスです。(冥途の土産か?)

実車を間近で見ると、とにかく塊(かたまり)感が凄い。
何かギュっと凝縮した感じ。そしてすべての質感が高く、高級感もプンプン漂います。


シリンダーヘッドが真横に飛び出してます・・

跨った感じは、何かイノシシの背中にでも乗っているような気分。(もちろん乗ったことはありませんが・・)
ハンドル位置が思ったよりも低く、やや前傾姿勢になります。
店員さんからは「低速のトルクがあまりありませんのでご注意を」とのこと。
てことで、やや回転を上げながら慎重にクラッチを繋いでスタートします。

「ズドドドド・・」と、結構な鼓動感にちょっとビックリ。(おお、コレは・・)
もっと洗練されたフィーリングを想像していたのですが意外にもかなり野性的。とにかくピストンが一発ずつ爆発している感がスゴイ。エンジンのメカニカル音よりも排気音の方がよく目立つ。ハーレーやモトグッチともかなり違います。でもコレはコレで面白い。
それとアクセルを開けると、かなり車体が右に振られます。モトグッチV7よりも顕著な感じ。空ぶかしだけではなく、加速中やシフトダウンしたときにも感じます。ま、でもV7の時ほどビックリしませんでしたが・・。(慣れたのかな?)

で、またコンビニで撮影をしときます。


ややズングリなスタイル


でもカッコイイ


非常にシンプルなリヤ回り


完全にはみ出てるシリンダー


現代的なデザインのメーター

こんなこと言ったら怒られそうですが、超高級なグロム号って感じ。
でもそこはさすがBMW。その精巧で高級感漂うデザインの巧みさと質感の高さに思わず見とれてしまいます。シートひとつとっても、やはりグロム号とは出来が全然違います。(当たり前です)

乗り味もいかにもドイツ車って感じでカッチリ。結構重厚感があってビシっと安定してます。でもアクションを起こせば素直にレスポンスを返す感じ。グイっと加速し、スパっと曲がり、そしてギュっと止まります。
そして低速ではかなり鼓動感の目立つエンジンも、高回転域では人が変わったようにスムーズ。2速で法定速度を超えるスピードまで引っ張っても息苦しさなんて微塵もありません。そのままずっと走っていられそう。まさにギュンギュン回ります。(すげ〜・・)

それにしても楽しいバイク。ゆっくり流してても、そして回しても思わずニヤついてしまう。やはり国産バイクとは一味も二味も違います。
豪華なフルカウルのツーリングバイクや、ど迫力のアメリカンバイクもイイですが、こういう一見シンプルな高級バイクにサラっと乗る大人(大阪のオッサン)というのも結構イケてるような気がします。
ただしやっぱりちょっとイケメンでないとな〜。ま、私の場合は容姿はもちろん、肝心の資金力もありませんが・・。(;O;)

てな感じで、楽しい試乗もまたあっという間に終わってしまいました。
店員さんに「水冷の水平対向もこんな感じなのですか?」と確認すると、「いやかなり違います。これはちょっと特別で古いBMWっぽい味をわざと出してるんです」とのこと。(おお、そうだったのか・・)
では現代の水平対向はどんな感じなんだろ?と気になりますが、ま、その辺りはまた次の千載一遇のチャンスに残しときましょう。^^;

さ、もう今年も終わりですね。
さて来年早々にも発売予定のトライアンフボンネビル「ストリートツイン」がいよいよ日本に到着したようです。

ついに上陸したストリートツインの車両チェックに同行





エンジンは水冷SOHC8バルブ並列2気筒で排気量は900cc。
空冷ボンネビルよりもトルクを増したスペックで、燃費もかなり向上してるらしい。また車両重量も198kgと何と30kg以上軽くなっています。
車両価格は100万円ほどで、空冷ボンネビルとほぼ同じ。しかもABSとトラクションコントロール付き。
動画で視た感じでは、エンジンサウンドもなかなか良さげです。
ただ苦楽園さんが以前チラっと指摘されたとおり、まるで空冷かと思わせるフィン付きのエンジン外観がちょっとイケてないような気も・・。

ま、何にしても年明け早々にでも試乗できそうな感じで、とても楽しみでし。。。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

まああらためて思えば、クソ真面目一辺倒だったBMWが、最近はずいぶんと頭が柔らかくなったとも言えるのでしょうか。
古いフラットツインを大胆にカフェレーサーに仕立てるショップがたしか東京にあって、そんなヤツならのってみたいと思っていましたが、その線を狙ったものなんですかね〜。
ワタシ個人的にはなんかまとまりがなく、すぐに飽きてしまいそうな感じです。

ストリートツインは抜群のサウンドで、コーナリングや取り回しもとても素直そうなイメージですね。
ラジエターも目立たないようなデザインですが、たしかにシリンダー形状はやっぱりV9の方に軍配が上がりますね。
構造もOHVは変わらないというのも、ドロドロ感を維持するのには無くてはならないものだし・・。
このサイトは見ましたか?

http://v9.motoguzzi.com/en/

早く実物を目にして、試乗してみたいですねぇ。
苦楽園 | 2015/12/30 10:58 PM
苦楽園さん>
このRnineTは、どうもカスタムされることを念頭にデザインされたらしいです。
http://www.r9t.jp/
ま、こういう楽しみ方もあるんだな〜、って感じですね。^^

はい、以前そのV9のサイトからカタログも取り寄せました。^^;
エンジンは90度Vツイン2バルブで排気量は853cc。
最大パワーは55ps/6250rpm、最大トルクは62Nm/3000rpmと低回転トルク型。ギヤは6速。
シート高は775mmと低めで、重量(KerbWeightって何?)も何と200kgとかなり軽そう。

う〜ん、やはりBobberかな〜。エライ前輪が太いけど。さてどんな走りなんでしょ?
ホント、早く実物を目て試乗してみたいものです。
vanboo | 2015/12/31 5:50 AM
わおっ!
簡単にwebカタログを送ってくれるんですね。
ホントだ、Kerb weightとなってますが、Kerb=Curbでいわゆる車両総重量ですから、それで200kgとはかなり軽さで、このあたりも空冷の強みですね。
Bobberのタイヤの太さはYAMAHAのTW200かのごとくで、これだけ太いと慣性重量もかなり感じそうですね。
デザイン重視ならBobberで、操縦性重視ならばRoamerになるのか・・?
苦楽園 | 2015/12/31 8:34 AM
苦楽園さん>
車両総重量200kgって! V7と同じくらいになるのかな? すげー。
まあ、スペックと同じくらい(いやそれ以上に)気になるのが価格です。
まず何とか予算内に収まってほしいところです・・。^^;
vanboo | 2015/12/31 3:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/432
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM