<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< KTM Duke690を試乗してみる | main | ハーレーストリート750をレンタルしてみた >>

KTM 1050アドベンチャーを試乗してみる

KTMと言えば、あのダカールラリーの二輪部門で10年以上連覇しているメーカーだということを・・・昨日知りました。^^;

ということでアドベンチャーツアラータイプにもたくさんのモデルがあるようですが、先日苦楽園さんが言われていたように予算的に厳しいのと、とにかくどれもシート高が非常に高いため(最低でも850mmくらい)、私の試乗リストからは全く外れておりました。
しかしこの試乗車は、KTM神戸お得意(?)のローシャーシ特別仕様で、シート高は何と800mmまで下げられています。(マジか?)

ただ図体はさすがにデカイ。先ほどのDuke690より二回りは大きく感じます。
でも社長は「大きく見えますが、結構乗りやすいと思いますよ」とおっしゃいます。てことで、とりあえず遠慮なしにサクっと跨ってみす。
ちょっと高いですが、先日のタイガー800XRX(シート高:810mm)よりかは確かに足つきは良好。サイドスタンドを外して車体を起こすのも特に問題ありませんでした。(お、コレはいけるぞ)

エンジンは水冷DOHC2気筒で、排気量は1050cc。
見た目は大きく見えますが、車両重量は212kg(半乾燥)と意外に軽い。
エンジンを始動してみます。これまた意外に静か。Dukeシリーズの単気筒エンジンとはかなり音色が違います。

とりあえずスタートします。
と、ほんの数メートル進んだところで「おお、コレはスゴイ・・」と思わず呟く私。
いやもう先ほどのDukeシリーズとは遥かに振動が少なくて高級な乗り味。とても滑らかで余裕のあるエンジンとアドベンチャータイプ独特の好視界ポジションで、まるで魔法の絨毯にでも乗っている気分です。(もちろん乗ったことありませんが・・)
とにかくエンジンが凄い。1050ccの大排気量2気筒エンジンとは思えないくらいシュルシュルとスムーズに回ります。そしてコレもまたクラッチが軽い。ハンドリングも意外に軽快で、軽くスラローム走行してみましたが(前後に車がいないのを確認してから・・)、結構ヒラヒラと軽く切り返しできました。(おお、すげ〜)

とりあえずまたコンビニで撮影しときます。


立派な体躯


LEDが輝くフロントビュー

PC190053.JPG
機能的にまとまったディスプレイ

トライアンフタイガー800よりもかなり重厚感のあるスタイルです。
私はどちらかというとタイガー800の少しスマートなスタイルの方が好みですが、乗り味的にはこの1050アドベンチャーの方がやや上等な感じです。でもタイガー800のあのヒュンヒュンと回る3気筒エンジンのフィーリングも捨て難い。う〜ん、悩む・・。(何を?)
ちなみにこの1050アドベンチャーの車両価格は150万円と、タイガー800XRXとほぼ同じです。
ただしこの試乗車のように、シート高を800mmまでローダウンするには、シャーシとシート加工で別途20万円以上かかるとのこと。てことで、さすがにコレでは完全に予算オーバーです。(残念・・)
それにしても、ここまでローダウン(クルマで言うところのシャコタン)しながらも、これほどの乗り味を実現させることは並大抵のことではないと思われます。いやいやKTM神戸恐るべしでし。。。

それはそうと、やっぱりアドベンチャーツアラーってイイですね。
この日、この1050アドベンチャーに乗りながら「ああ、やっぱりイイよな〜」と心底思ってしまいました。タイガー800もそうですが、いかにも分別をわきまえた大人の男が乗るバイクって感じがします。(あ、個人的な感想です・・)
他にBMWとかにも魅力的なモデルがありそうですし、国産でもヤマハMT-09Tracerなどが最近発売されています。
全般的にシート高が高いのが気になりますが、乗り慣れれば結構いけるのかな? いやどうかな? やっぱり厳しいのかな?
ま、とりあえず一度、ホンダNC750Xをレンタルしてみるかな。。。

なんてブツブツ考えてると、苦楽園さんより「来年、モトグッチから新型のV9が出るようです」との衝撃情報が舞い込んできました。





いや、コレ、かなりイイんじゃないですか〜。(◎_◎;)

V型2気筒の853ccエンジンにドライブシャフト。車両重量は200kg程度とかなり軽そう。
モデルはRoamerとBobberの二種類あって、Bobberの方が前輪が太く艶消し基調でワイルド、Roamerは前輪が細くメッキ基調でスマート。
どちらもハンドルがかなり高めで、ネイキッドというよりもクルーザーに近いスタイルに見えます。
さて、どんな乗り味なんだろ? いやそれ以前にいくらすんだろ? そしていつ発売されるのだろ〜?


にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

う〜む・・。
トップモデルの1290はずっと以前からの憧れの1台ではありますが、なにせ値段と置き場所の確保がネックで、将来的にもまず難しいでしょう。
しかしなんと言ってもKTMは各パーツや作り込みのレベルが素晴らしく、一度はなにか所有したいバイクです。
それにしても1050もそんなに良かったのですねぇ。
鋭く指摘されているように、KTM神戸ならではのセッティングも大いに寄与しているのでしょう。

V9の動画を見ましたが、サウンドもかなり良さそうではありませんか!
トライアンフもそうですが、最近あらためてサウンドの重要さが見直されているようですね。
国内規制も一時はガチガチに締め付けられていたようですが、最近少しは緩和されているようです。
(ちなみにワタシも、早速ebayで好みのブランドのスリップオンマフラーを早くも調達してしまいました。)
でもやっぱりVツインの音が最高かな〜。
年末までに一度、アクイラの山根さんのところに行って挨拶をしてくるつもりなので、V9情報を握っていれば聞き出してきます。
苦楽園 | 2015/12/24 10:20 PM
苦楽園さん>
KTM神戸の社長さんにも言ったのですが、最後にこの1050アドベンチャーに乗せるのはズルいです。Dukeシリーズとあまりに違いすぎて評価が狂ってしまいそうです。^^;
てことで、ぜひ苦楽園さんも一度乗ってみていただいて、また感想をお聞かせくださいまし。

そうV9のサウンド、イイですよね?!
ちなみに私の好みは、スムーズで、煩くなくて、力強い感じの音かな? うん、V9の音はイイ線いってるような気がします。
あ、ぜひ情報をお願いいたします。

て言うか、もうマフラーまで手に入れらてるんでしか?( ゚Д゚)
vanboo | 2015/12/25 5:53 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/426
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM