<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< バイクの事故と機動力について | main | KTM Duke390を試乗してみる >>

HMS鈴鹿6回目 初中級ツーリングライド4回目 CB400SFに戻る

鈴鹿HMSに参加です。
エ〜、HMSはこれで6回目。初中級ツーリングライドでは4回目となります。

この日は奥さんも同行。
もちろん奥さんはHMSとは全く関係なく、あくまでも鈴鹿で一人暮らし中の長男坊宅への査察・・いや、お買い物&お食事&家事手伝いなどをすることがメイン。てことで私の方は朝に鈴鹿サーキットで下ろされて、また夕方に迎えに来てもらう予定です。
ま、こうでもしないと奥さんは全然家に帰ってこない長男坊の様子を確認できないし、長男坊は色々と買い物ができるし美味しいものが食べれるし、私としても往復の交通費が”家庭内経費”で落とせるという、全員ハッピーな素晴らしい段取りスケジュールでございます。^^

予定通り9時前に鈴鹿STECに到着。
もう慣れた感じで、受付を済ませ、ロッカーで着替え、そして指定された部屋に入って、用意されていた自分のカルテに本日の体調や目標、そしてインストラクターへの要望などを書き入れます。
ちなみにこの日の私の目標は、「メリハリをつけて走る」「ブレーキをしっかり使って小回り」の2点。そしてインストラクターへの要望として「やや後方で余裕を持って走りたい」と書き加えておきます。

参加者は定員一杯の20名。
この日は20代とみられる若い参加者が意外に多い。女性は5名程度。
インストラクターは初めてお目にかかる方お二人。メインは小太りな中年インストラクターで、サブは結構イケメン。
ゼッケンを各自に配られた後、乗るバイクの希望を確認されます。
私は前回のHMSで決めたとおり、今回はCB400SFをチョイスしたいところ。しかしCB400SFは9台しか割り当てがなく、そして希望者は11名と溢れています。とりあえず「第二候補も考えておいてください」と言われながら、部屋から外へと出ます。あ、そういえばこの日はなぜか自己紹介タイムがありませんでした・・。(なぜだろ?)

天候はまずまず。
気温は少し低めですが、風がないので過ごしやすい。ちなみに前日までは爆風だったらしい。
いつものように体操、プロテクター装着、そしてマット転がりと続き、そして使用するバイクを車庫に取りに行きます。
んで、幸いにもCB400SFは人数分残ってました。(ああ良かった・・)


本日お世話になったCB400SF

CB400SFに乗るのは久々。確か8月にレンタルで借りて以来です。
400ccといえど約200kgあるので軽くはありませんが、さすがに取り回しは楽。
跨ってのポジションも「ああ、そうそう、こんな感じ・・」と少し懐かしく、そして身体にしっくりマッチします。

午前中は、主にブレーキングの練習。
やや狭い間隔のパイロンを3本と、広めを2本。
狭い方は1速のみで、広めは2速か3速まで上げてのブレーキングです。
いつものようにブレーキ強度一定で、最初はリヤブレーキのみ、次はフロントブレーキのみ、そして最後にリヤは一定でフロントだけ止まる寸前に少し抜く練習です。
このブレーキングだけは得意分野です。徐々にスピードを上げながら確実に。フロントは中指と薬指の2本でやるのがコントロールしやすい。最後のは初めてやりましたが、特に問題なく「うん、安定してますね〜」とイケメンインストラクターさんにも褒められました。(ありがとうございます・・)

次に急加速と急減速の際に、上半身を前後に予め移動させて安定させる練習です。
これはこれまでも何度か言葉では聞いてましたが、これに特化して練習することは初めて。
まず何よりもニーグリップで下半身を固定させることが大事。
で、そのニーグリップの力の入れ方として、「座った状態からお尻を5cm浮かせてみてください。その時に自然と膝に力が入ります。それがまさしくニーグリップの力加減です」との説明をされました。いやコレ、意外に目からウロコでした。本当に自然とニーグリップできます。(おお、なるほど・・)

食事の後は、参加している方々と少し談笑。
この日は初参加者は少なめで、リピーターの方が多い感じ。
ずっと中上級に参加してたが、久々だったので初中級に来ましたって方もおられた。ちなみに久々って言っても約1ヵ月半ぶりとのこと。何とそれまでは月に2、3回は参加してたらしい。(エ?マジか?)
これにはちょっとビックリ。しかしよく考えると毎月1回ずつで3ヵ月で3回来るよりも、1ヵ月に3回くらい一気に来る方が効率が良いような気がしないでもありません。1ヵ月に1回では前回の感覚を取り戻すのに無駄な時間をかけてしまっているという話も・・。
いや、でもHMSでやったことをしっかりと自分のバイクで(私の場合はレンタルバイクで)じっくりと復習してモノにしてから、また別の課題に取り組む方が、やはり良いのではないか?(いや、しかし、う〜ん、どうなのかな?)

さて昼からはコーススラロームへ。
初めはインストラクターに続いてゆっくりと走りながら、コースを覚えていきます。
前半のヘアピンカーブが続くセクションは変わりなし。中盤からのパイロンセクションは、毎回少しずつパイロンの場所が変わって、コース取りに変化があります。
2周したところで、インストラクターが私に「9番の方の後ろに入ってください」と指示されました。
私がカルテに書いてたことをちゃんと見てくださったようで、無事前から10番目くらいの位置に下がることができました。(ありがとうございます!)

で、本番スタート。
いつもと違うのは、スタートしてすぐに低速でUターンするところがあること。
前回は、別途Uターンセクションがあって、希望者のみが入って練習する感じでしたが、今回は半強制になっています。
でも不安な人は大回りも可能で、出来る人はフルロックでどうぞって感じ。ま、自分の判断で弧を小さくしたり大きくしたりできるので、練習するにこの方が良いかも。
で、とりあえず私は小さめにUターンしようとしましたが、いきなり失速して足つき連発・・。いやいや、やはり自分のスキルを過信してはダメです・・。ハハハ。^^;

コーススラローム自体は、何だか前回よりも格段に小回りできるようになりました。
まず何よりCB400SFが乗りやすい。切り返しが楽でクルクル曲がれる。それと前回のオフロード入門で、アクセルオンのタイミングを徹底的に練習したことも功を奏している感じ。
そしてやはり前の人に必死に付く必要がなくなって、走りに余裕ができたことも大きい。ブレーキでちゃんと減速してから曲がることができる。これまではどうしてもついついオーバースピードになってしまっていたようである。

もうガンガン走ります。普段は決して無理しませんが、HMSではある程度攻めていきます。とにかく直線では積極的にアクセルを開けて、そしてコーナー手前でしっかり減速する。
でも、たまに減速しすぎてふらついてしまったり、逆にオーバーして大回りになってしまうこともしばしば。
特に最後の方のセクションが難しい。直線から折り返して、少し離れて直パイになるコース。(下図参照)



どうしても最初の折り返しで速度が落ちてしまい、そこから直パイへの繋がりが上手くいかずにグダグダになってしまう。

すると、ココはどうも他にも苦戦されていた方が多かったようで、一旦全員バイクから下りて、インストラクターのデモ走行を見学することになりました。

で、そのインストラクターのライン取りは下図のとおり。



要するに、パイロンの傍を小回りすることにあまり固執されることなく、「その先のスペースも上手に利用すれば、全体としてよりスムーズに速度を乗せてクリアすることができますよ」ということである。(なるほど・・)

一旦休憩が入って、そして最後に直パイ&オフセットスラロームです。
最初に少し広め、次に少し狭め、そしてオフセットスラロームは、間隔長めと短めの二種類。ほぼ前回と同じである。
オフセットスラロームはかなり走れるようになってきた気がします。コレも先日のオフロード入門で座る位置を前方に矯正されたことが大きい。上半身が突っ張らずに余裕ができた感じ。ただ左回りがやや苦手。(体重が少し外に残っているのかな?)

そして直パイは全然納得できる走りができなかった。ゆっくりならクリアできるが少しでも速度を上げるとリズムが崩れてくる。
色々と自分なりに考えながら試行錯誤するものの、アクセル、ブレーキ、倒す・・のリズムがどうも上手く掴めない。
ココはインストラクターの助言が欲しいところでしたが、こちらもタイミングが合わず、結局何も聞けないままに終わってしまった。
ま、この辺りは大きな課題として、次回までには自分なりに対策を練っておきたいところです。

てな感じで、今回もあっという間に終了してしまいました。
とりあえず前回の反省から、使用バイクをCB400SFにしたのと、走る位置を後方にしてもらったのは、やっぱり大正解だった感じ。
扱いに自信のないバイクで無理して必死に走るよりも、乗り慣れたバイクで余裕を持って走りに集中できる方が良いってことである。(当たり前か・・)
ま、前回までは「何だかなかなか上手くならないな」で終わってましたが、今回は「うん、この調子で確実にいこう」と少し前向きな気持ちになれました。


グロム号もあります

ちなみに次回のHMSはお正月休み中に予約を入れました。
うまくいけばまた奥さんと一緒に来れるかもでし。^^

で、この日はこのまま19時ごろには帰宅。
んで、その足でいきなり岡山へと出発。
実は例の「ふたご座流星群」を撮影するために、トラック野郎氏と他2名にて3時間近くかけ、岡山の有名な星撮りスポット「八塔寺ふるさと村」まで遠征したのです。(※ちなみに先日下見した串本方面は天候不良で断念しました・・)

で、撮れた映像はこちら・・。



はい、薄雲が酷くて、全く流星は撮れず。。。"(-""-)"

1時間ほど撮影したものの、結局諦めて、再度帰宅したのは午前3時。
この日は朝から鈴鹿へ往復約300km、鈴鹿HMSで約40km、夜は岡山へ往復約300km。そして帰宅後も悔しくてあまり寝れず、翌朝になぜか自転車で朝練を約40km。と、合わせて700km弱。

ああ、よく走ったぞ、と。。。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

はあ〜、東へ西へ700kmで、おまけに朝連ときましたか・・・
それにしてもタフですねぇ、感服します。
HMSをいつもご利用ありがとうございます。
いえいえ、今はもう何の関係もございませんが、前にもお話したように、設立の頃から知る者にとっては万感の思いであります。
ロードバイクの魅力とはまた違い、有り余るパワーや質量をイメージ通りにコントロールして、人馬一体になれた時の喜びは言葉では表し難い喜びがありますからね〜。
今はまだモヤモヤした気持ちの方が多いかもしれませんが、そのうちきっと「これだ!」と感じる時が来るでしょう。
左右のコーナーリングで得意不得意があるのはどんなライダーでも共通のようですが、一度腰の開き方もしくは入り方をチェックしてみてはどうでしょう?
そうそう、手元に少し古いですが、なかなか役立つライテクに関する本があるのでよろしければお貸しします。
FBのメッセージ欄でご住所を教えてもらえれば即日発送いたします!
苦楽園 | 2015/12/15 10:18 PM
お疲れ様でした。

今年の ふたご座流星群は10年に一度ともいう絶好の条件だったのですが、お天気がね〜。

また次回よろしくお願いします。
トラック野郎 | 2015/12/15 10:39 PM
苦楽園@バイク師匠殿>
いや我ながらよく走りました。ハハハ。
HMSは素晴らしいです。確かに少々値は張りますが、それ以上の効果はあると思っています。ココで目からウロコが落ちたことは数知れず、また何よりこの歳になってもレベルアップできる喜びを感じれることがとても楽しいです。
それにしてもバイクのライディングは奥が深いですね。私の中では車よりも百倍難しいです。でもだからこそ楽しいのかもしれません。
あ、早速のFBでの有り難きご返信をありがとうございます。じっくりと噛みしめながら読ませていただきます。^^

トラック野郎@カメラ師匠殿>
お疲れ様でした。深夜のドライブ、とても楽しかったですね。
先日テレビでは、前に10年&先に10年てことで、前後20年に一度の好条件ということを紹介されていました。
しかし次回の10年後って、オイラはもう60歳になってますが、どうぞよろしくでし〜。^^;
vanboo | 2015/12/16 6:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/422
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM