<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< カワサキW800をレンタルして紀伊半島一周 2日目 | main | トライアンフボンネビルを試乗してみる >>

TANAXミニフィールドシートバッグをグロムに装着してみる

私のお仕事は完全週休二日制ではないのですが、基本的に月に2回は土曜日もお休みがとれます。
しかし日曜日だけがお休みの場合は、色々とやりたいことが溜まって結構大変なんです。

で、この週末も土曜日はお仕事でお休みは日曜日だけ。
しかも土曜の晩には自転車ショップ「サニーサイド」の忘年会にも参加。でもとっても楽しく過ごして23時ごろに帰宅しました。

翌日曜日は6時ごろに起床。そしてまず自転車とグロム号を洗車します。
そして新たにゲットしたバイクアイテム「TANAX モトフィズミニフィールドシートバッグ 」をグロム号に取り付けてみます。


おお、サイズぴったり


取り付けも簡単

荷物積載スペースが全くないグロム号ですので、しばらくはトップケースを買って付けてました。
しかしその後レンタルバイクで使えないことが不便となり、仕方なくリュックサックを背負ったり、またそれをシートにネットで固定したりしていました。
でも背負うのは結構疲れるし、ネット固定は付け外しがかなり面倒くさい・・てな流れで、「なら、シードバッグはどうだろう?」と購入してみた次第です。(しかし色々寄り道してしまうな〜^^;)

まず見た目は、トップケースよりもツーリング車っぽくなって、なかなか良くグロム号に似合ってます。
気になっていた取り付けも意外に簡単で、これならレンタルバイクへの付け替えも問題なくできそう。
そして使い勝手も良好。一旦取り付けてしまえば荷物の取り出しはとても楽で、フルサイズ一眼レフとレンズも余裕で収納できますし、また簡単に収納サイズを広げることができたりと、色々と考えられた構造になっています。
ただし防水性はあまりないようで、雨のときは別途カバーを取り付ける必要があるようです。このあたりはトップケースよりも不便なところ。
ま、基本的に雨の日は乗りませんので、それほどのデメリットにはならないと思いますが、急に雨が降った時には少し面倒です。

で、無事装着できることが判って安心したところで、やおら自転車ウェアに着替えます。
昨晩の忘年会で、私と同じように最近あまり走れていないチーム員に「軽く走りませんか?」と声をかけて、何名かと一緒に走りに行く約束をしていたのです。

で、9時過ぎにショップ近くのコンビニにコソっと集合。
5名ほどでゆっくりと談笑(GFT氏の話題で大爆笑)しながら、20分以上かけて牛滝山を上りきり、頂上でたくさん練習会メンバーと合流します。


談笑しながらまったりと・・


久々の40km/h巡航も楽しい・・

その後一緒に久々にたわわ方面まで足を延ばした後、お昼前には無事帰宅。
走行距離は50km程度。以前は平日でも毎朝このコースを走っていたのですが、そんなことが信じられないくらいヘロヘロになりました・・。^^;
ま、でも健康(と美容)のため、これからもせめて月に2、3回はこうして走りたいものです。

さてこの日は奥さんがお仕事で留守でしたので、お昼は次男坊と一緒に焼うどんを作って食べます。
京都の大学まで1時間以上かけて通っている彼。
一人暮らしを目論んでいるようで、焼うどんの調理中も「このごま油はいつ使ったん?」と興味深々・・。笑

その後、シャワーを浴びて(風呂掃除もして)から、先日モトグッチV7を試乗したバイクショップに「今から試乗に行ってもエエでしょうか?」と電話をかけます。


フフフ、コレでんがな・・

てことで、以降「トライアンフボンネビルを試乗してみる」に続きます。


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

装備品選びはどうしても試行錯誤しがちで、買ってみたわ、使わないわ、みたいなものもどうしてもありますよね。
ま、そんな時は迷わずヤフオク!
バイク関連品は思った以上の価格が付くことがとても多いですから、テクニックとタイミングを活かしてどんどん整理するとそれほど損はしませんよ。
ワタシもバッグ類は長いこと個人的に使ってみたり、販売したりしてきましたが、結局この3社に落ち着きました。

タンクバッグに関してはコレが一番のお気にいりです。
http://www.eurodirect.co.jp/brands/sw-motech.html

そしてこのタンクカバーとのセットや、シートバッグではコレも良し。
http://plotonline.com/motor/bagster/lineup04.html

さらに堅牢さではコレが一番!
http://www.hepco-becker.jp

TANAXは痒いところに手が届く的製品が多く、価格的にも懐に優しいですが、やはり伝統もあり、本格的ツーリストも多いヨーロッパ製品のバッグ類とは格段の開きがあるのも事実です。
これらの製品は耐久性も抜群ですので、結果的にはお安くなるといっても過言ではないでしょう。
カメラ機材を運ぶとなると、しっかりとしたモノを選びたいですよね。
さてさて、次の試乗記を楽しみにしています!
苦楽園 | 2015/12/08 9:58 PM
苦楽園さん>
そう、ヤフオク。
いやホントこれがないと私のバイク生活はまず成り立っていないと思います。
ちなみにグロム号は、ロードバイク1台と決戦ホイール1セットで出来上がっております・・。笑
あ、バイク関連品も、例のトップケースはもちろん、コソっとヘルメットなどもエエ値で引き取っていただきました。
いやインターネットの普及で私にとって一番のエポックメイキングはこのヤフオクですね。^^

しかしまた師匠の紹介されるバッグ関連のネットショップが超魅力的ではありませんか。ありがとうございます。
実はパニアケースって気になってるんですよ。ていうか、バイクでソロキャンプてのもとても興味があります。
ああ、しかし、もう売るものがありませんが・・。笑
vanboo | 2015/12/09 5:34 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/417
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM