<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< カワサキW800をレンタルして紀伊半島一周 1日目 | main | TANAXミニフィールドシートバッグをグロムに装着してみる >>

カワサキW800をレンタルして紀伊半島一周 2日目

明けて2日目。

たっぷり7時くらいまで寝てもうスッキリ。
と、ふと部屋から窓の外を見ると、そこには素晴らしい景色が広がっていました。(おおお・・)


オーシャンビュ〜でし〜♪

今日も良いお天気。気温は低めですが、前日と比べて風も穏やかな感じ。なかなかのツーリング日和です。
で、せっかくの温泉宿ですので、とりあえず朝風呂へ。風呂場からも海を眺めながら、少し硫黄の香る温泉にゆっくりと浸かります。(まさに至福のひととき)

いやいや良い宿でした。
天然かけ流しの温泉で、部屋からの景色も良く、素泊まり専門ですが、美味しいマグロ料理のお店などを気軽に紹介してくれます。
ちなみに一泊6150円なり。ま、もう少し安ければ最高なんですが、安いビジネスホテルに泊まって、別にわざわざ温泉に行く手間を考えればこっちの方が良い気がする。(朝風呂も入れるし)


海のホテル「一の滝」


屋根付きのバイク専用駐車場あり

芯から身体も温まったところで出発。
ちなみに本日の予定コースは、こんな感じ。



新宮から熊野、そして尾鷲あたりまで海岸線を進み、大台町から高見峠を越えて大阪へ帰還するルートです。
とりあえずお腹が減ったので、サクっと新宮まで行ってコメダ珈琲にイン。


モーニングセット400円なり

お腹が落ち着いたところで、これまた気になっていた地元の和菓子屋さん「香梅堂」へ。
そしてオミヤとして、人気のお菓子「鈴焼」をゲット。


看板商品の「鈴焼」

鈴の形に焼かれたベビーカステラって感じ。
素朴な味ですが、甘さ控えめで、とても香ばしく、すっと何個でも食べれてしまう。
これが奥様の職場ではかなり好評だったらしく、また裏のお義母様も「これ美味しいわ〜!」と大絶賛。
てことで、次回の流星群撮影ツアーの際には、またここでオミヤをゲットするように奥方指令が出ました・・。

さてココからは、一般道で熊野灘沿いをトコトコ走った後に、また高速無料区間を走って一気に尾鷲から紀伊長島へと抜けます。
それにしてもこのW800は、相変わらず本当に優しい乗り味。
50〜60km/hの速度で、4速2000〜3000回転程度。これくらいの回転数でのビート感がとっても心地良い。
V7やハーレーのような鼓動感はありませんが、まるで精密機械のごとく滑らかに回るCB1100に比べると、何ともこう少し緩くてほのぼのとした雰囲気があります。


メッキパーツが映えるW800

高速無料区間を抜けて、一気に紀伊長島に到着。
道の駅「紀伊長島マンボウ」にて休憩します。

ココでのお目当ては、まさにそのマンボウ。


マンボウの串焼き、唐揚げ、各350円なり


マンボウ串焼きをゲット

魚というより鶏肉のササミに近い感じ。
味付けは塩コショウのみ。少し脂も乗っていて結構旨い。
ちなみにこのマンボウは先日絶滅危惧種に指定されたとの報道がありましたので、もしかするとこうして食べれるのは今のうちかも知れません・・。

ここからは海を離れて一般道を大台町へと向かいます。
ここも平行して高速道路がありますので、下道はかなり交通量少なめ。
30分ほどで目的のお店「宮路」に到着。

このお店でのお目当ては、味噌煮込みうどん。
実は私、50年近く生きてきましたが、味噌煮込みうどんを食べるのは初めて。
ま、当方猫舌なので敬遠していた部分が大きいのですが、以前テレビで鍋のふたで冷やしながら食べるのが王道ということを知って挑戦してみました。(あ、それならいけるかも・・)


国道沿いのお店です


味噌煮込みうどん890円なり

で、15分ほど待って出てきた味噌煮込みうどんには、何とふたがありませんでした・・・。^^;
でも幸いにも小さな小皿が付いてましたので、それを利用して少しずつ食べます。
しかしうどんが鍋の底にへばり付いているために結構食べ辛い。うどんが途中で千切れて味噌がフリースを点状に染めます。(くお・・)
味の方はまあ想像通りって感じ。でも入っていた鶏肉は味が染みてやたら旨かった。

で、予定よりかなり時間を取ってしまったので、少々慌てながら次の目的地へと急ぎます。

10分程度で到着。
しかし寸でのところで、お目当てのモノはもう通り過ぎてしまいました。(あらら・・)


ああ、行ってしまった・・

ココは三瀬谷の鉄橋というJR紀勢線のその筋では結構有名な撮影ポイントです。
で、この日の狙いはこの鉄橋を11時52分ごろに通過した気動車でした。そうここはまだ電化されていないのでディーゼル車が走っているんです。しかしほんの数分の差で逃してしまったようです。(味噌煮込みうどんをもう少し早く食べれれば・・)
ちなみに次に来る列車は13時48分ごろ。約2時間後・・てことであえなく撤退です。^^;

この三瀬谷からは湯谷峠と高見峠を越え、そして最後に金剛トンネルを抜けて大阪方面へと戻っていきます。そう以前Ninja1000でも走ったルートと同じ。
ただこの日はかなり時間に余裕がありましたので、途中の「たかすみ温泉」で露天風呂に入ってからゆっくりと帰路につきました。

てな感じで、この旅も無事終了でし。

さて2日間に渡って再度W800を乗り倒しましたが、「こんなに乗りやすかったっけ?」と思うくらい本当に心地良いバイクでした。
先週乗ったCB1100との一番の違いは、低速域での安心感です。
CB1100もそれほど取り扱いに苦労するバイクではありませんが、その重量差は信号で足を着いて止まっているだけでも十分に感じます。そして前回よりも今回はその差を大きく感じました。圧倒的にW800の方が安心して乗っていられます。ま、このあたりは苦楽園さんが言われていたように、重量だけではなく重心の差も大きいのかもしれません。
少なくともCB1100のように止めるのが億劫になるようなことはありませんし、そして狭いところでもそれほど不安なく進めます。

それからワインディングでのW800も結構楽しめました。
さすがにCB1100のようにあまり回転を上げる気にはなりませんが、太いトルクでメリハリの効いた走りを初心者なりに楽しむことができます。直線部分でちゃんと減速しながら安全にカーブに入り、そしてやや加速気味にカーブを抜ける。それだけでもこのバーチカルツインエンジンの軽めのビート感が、良いリズムとなって楽しい。そして特に気負うことなく安心してコーナリングを楽しめる。
以前はどちらかと言うとCB1100のカッチリした乗り味の方に惹かれたのですが、乗り重ねるとこのW800の方が自分には合っているような気がしてきました。まさに噛めば噛むほど味が出るのかもしれません・・。

ただモトグッチやハーレーなど個性の強い外車勢に比べると、さすがに存在感が薄いことは否めません。
それと、トライアンフのボンネビルとこのW800は、そのスタイルも性格もかなり似ているような気がします。
まだ試乗していないので何とも言えませんが、もしこのW800のような乗り味の上に、何かこうもっとワクワク感がオンされてるようなら、苦楽園さんの言うとおり本当にコロっといってしまうかも・・。

ただしW800とは維持費も含めてコスト差は結構ありそうですし、販売店が自宅からやや遠いことも気になります。そして何と言ってもまだバイク初心者ですので、国産の安心感は大きい。


安心してください。国産ですから。

でも極めて趣味性の高いバイクに、それほどの安心感が必要なのか?
いったい何があるというのだ?
どうせお金をかけるなら楽しい方がイイのでは?
いや、でも・・・

あ、ま、しかし、このあたりはまず試乗してからですね。^^;

ちなみにこの2日間での総走行距離は約554km。
消費ガソリンは合計で21.0リットルでしたので、燃費は26.4km/Lとなりました。
てことで、前回の鳥取ツアーよりも少し燃費ダウンです。(ちょっと山で回しすぎたか?)

それと今回の旅で判ったことが一つ。
「少々寒くても結構走れるゾ・・」

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

こんばんは。
いや〜ビックリしました!
何がって、ホテル一の滝は20年程前に○×旅行で訪れた宿でーす。
真夏に行ったのですが、弁天島のまわりでシュノーケリングをたっぷり楽しみました。
その当時は普通に料理付きでしたが、いまは素泊まり専門になっているのですね。
私は目張り寿司に目が無いので、毎日昼飯はそればっかり食べていました。
南紀といえばサンマ寿司も美味しいですが、バンブーさんのラーメン好きは筋金入りですね。
それに本当に趣味多彩なのは驚かされます。
ところで、モーターバイクでの儀式の多さは、特に冬場は慣れないと面倒なものですが、続けていればそのうち慣れてきます。
ただメガネやシールドの曇り対策は、安全に直結するので気を付けてくださいね。
電熱ウエアも良いのですが、電源をバイクのバッテリーから取ると、さらにコードが増えてエライことになりますね。
でも気付かれたように冬場でも結構乗れるエリアは多いですよ。
淡路島もまず雪は降りませんし、南紀の海岸エリアはもちろん、瀬戸内も岡山方面海側は割合と温暖ですからね。
そうそう、小豆島などもワインディングを楽しめるのでは。

W800の前身はW1 Special(ダブワン)としてCB750が発売されるまで、当時大いに人気がありました。
またそのW1はかつてKAWASAKIに合併吸収されたメグロのセニアというモデルを手本にしたと言われていました。
余談ですがオートレースのバイクのエンジンは、一般にメグロブランドが無くなった現在でも使われているはずです。
さらにさらにその大元を辿れば、それらのOHVバーチカルツインは、打倒トライアンフ!(というかコピー?)で生まれてきたもので、日本のモーターバイク黎明期のエポックメーキングモデルと言えるのではないでしょうか。
となれば、W800と現行ボンネビルが似てくるのは必然ですね。
もうひとつウンチクを加えると、その頃のブリティッシュバイクはトライアンフともうひとつノートンが双璧で、私はそのコマンドやマンクスというモデルに憧れていました。

四輪でも二輪でも、かつて輸入車は故障が多かったり、部品の供給に時間がかかったりしましたが、最近ではそんな心配も本当に少なくなっていますよ。
いざとなればバイクレスキューも全国レベルで網羅されていますしね。
仰るように趣味性の高いものですから、ご予算が合えばちょっと背伸びするくらいの方がいいような気がします。
あとはショップとの相性も結構重要ですよね。
特に最初はいろいろな疑問も生まれてくるでしょうから、気軽に相談できるか、またもちろん技術的にも信頼できるかは大きな問題でしょう。
しかしご安心ください!アナタ様にはワタクシ苦楽園がブレーンとしてスタンバイしております!!
苦楽園 | 2015/12/03 9:07 PM
苦楽園@師匠どの>
エエ〜っ!!いいんですか〜!!いや〜!!嬉しいです!!もう師匠と呼ばせてもイイでしょうか?!いやもう呼ばせていただきます!!どこまでも付いて行きます!!(●⌒∇⌒●)
それにしても最近師匠が多いな・・。お笑いはキルワニ師匠で、カメラはトラック野郎師匠で、そしてバイクは苦楽園師匠と。忘れないようにしなければ・・。笑

あ、ホテル一の滝には師匠も行かれていたのですね?
そう、以前は料理付きがメインだったらしいのですが、最近は食事は別に摂る人が増えたために、素泊まり専門にされたようです。ま、この辺りは美味しいお店が多いので料理はそっちに任せたって感じですね。
でも温泉が最高で良い宿でした。また機会があれば利用したいです。

寒さ対策では、今のところ手先以外は何とかなりそうな感じです。
しかし手だけはゴツイ手袋をしてもまだ辛いときがあります。グリップヒーターが付いていればイイのでしょうが、レンタルバイクでは厳しいですね。あとは手袋を二重にするか、カブのようにハンドルカバーを付けるか・・う〜む。^^;
そういえばタイガー800のようにナックルガードが付いてるとかなり違うような気がしますが、どうなんでしょうか?

小豆島、いいですね。これまた楽しそうな道はたくさんあるし、美味しいものや温泉もあるし。
でもグロム号では高速使えないし、レンタルバイクは朝10時からしか出発できないので、ちょっと日帰りは厳しいか。
ああ、やっぱりマイバイクが早く欲しいですね〜。^^

ノートン、いいですね。ま、こんなバイクがあることは初めて知りましたが。笑
トライアンフのボンネビルとタイガー800には、今週末にでも試乗してみようと企んでます。
ボンネビルも良さそうですが、師匠推しのタイガー800もスゴイ良さそうで楽しみです。

あ、それからスゴイ気になっていたのですが、師匠は現在何に乗られているのでしょうか?^^
vanboo | 2015/12/04 12:23 PM
師匠だなんてとんでもない!
ワタクシは「しもべ」で充分でございます。
なにせこれまでずいぶんとバンブーさんのロードバイクの記事には楽しませてもらい、また自分への発憤材料にもさせていただきました。
真似はできませんでしたが、シーズン前にはよく極寒の暗いうちから朝連までされていましたよね〜。

車歴は2年ほど前までMotoGuzzi V11 Rosso Corsaを10年以上愛用していましたが(883の後)、野暮な事情で泣く泣く手放してしまいました・・・。
現在はVespa GTS250のみとなっていて、バンブーさんと同じようにビッグバイクを物色中ではありますが、先日四輪を買い換えなければならなくなり、恥ずかしながら資金計画が一から見直しとなってしまいました、トホホ・・・。
あ、ちなみにロードバイクはDeRosaとKuotaに乗っています。
そのあたり、最近はほとんど更新をサボっていますが、よろしければ FBに友達申請をしていただければアルバムなどでちょこっとご覧いただけると思います。

https://www.facebook.com/hideaki.oshima

ナックルガードはある程度役立ちますが、やはりグリップヒーターが一番効果的です。
私はVespaにはこんなメーカーのハンドルカバーを付けていますが、
 http://www.sipscootershop.com/en/products/hand+grip+covers+tucano+urbano+_tur3601

汎用タイプのものを手に入れて、レンタルバイクに装着されてはどうですか?
国産でもKOMINEやラフ&ロードなどから、なかなか良いものが発売されていますよ。
ついでに紹介しておきますが、こんなサイトも時々利用しています。

http://www.motoin.de  

http://www.fc-moto.de/epages/fcm.sf/sec50e0a93558/?ObjectPath=/Shops/10207048

最後にひとつ。
新しくなったタイガー800はXRのほうが扱いやすいと思います。
XRはオンロード寄りでフロント19インチのキャストホイールですが、XCは21インチ・スポークホイールとなり、オフロード走破性は良くなりますが、シートもだいぶ高くなり、ブロックタイヤも慣れが必要です。
ああ、装備を見ると、お高いXRTならばグリップヒーターも前後シートヒーターまで付いていますよねぇ。
どちらにしても最初は竹馬のような感覚にとまどうかもしれませんが、どこにでも気軽に行けて、荷物も沢山積めて、景色を楽しめながら走れるポジション・・・・って、ワタシの好みの押しつけになってますやん!
苦楽園 | 2015/12/04 5:54 PM
苦楽園さん>
師匠、早速のfacebookお友達承認ありがとうございます。
朝練ね、はい、たくさんやりましたよー。バカみたいに・・。あ、もう少し暖かくなったら、バイクの朝練を始めるかもしれません。笑

MotoGuzzi V11 Rosso Corsa。めちゃくちゃカッコイイじゃないですかー!Vespaもイイ!さすが師匠、選ばれるバイクが粋です。

そっか、ではやっぱりコミネのハンドルカバー買おうっと・・。

タイガー800は安いXRは受注生産のようなんです。XRxも何か色々付いて良さそうですが、ちょっと予算的に厳しいんですよねぇ。
ま、でも試乗して気に入れば、後先考えずにいっちゃうかもしれませんが・・。^^;
しかしXRtって限定車じゃないっすか!日本で15台!www
vanboo | 2015/12/04 9:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/415
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM