<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< HMS鈴鹿4回目 初中級ツーリングライド3回目 NC750 | main | モトグッチV7ストーンを試乗してみる >>

HMS鈴鹿5回目 オフロード入門1回目 CRF100F

続けざまのHMS参加。
この日は初めてのオフロード入門コースです。
ま、オフロードバイク自体に興味があったことと、オフロードでの走りがオンロードでかなり役に立つとの噂を信じて参加してみました。

定員15名でしたが、この日の参加者は10名。
オフロード初体験者は半分程度。女性は一人。初めてHMSに参加するという学生さんや、普段はカーレースを趣味にされてる方、そしてオンロードでバイクレースを楽しんでられる方など、結構バラエティにとんでいる。
インストラクターは2名。
メインは小学生のときからオフロードバイクに乗りはじめ、その後色々な競技も経験したというN氏。そして先日のHMSでお世話になった新人インストラクターE氏がサブで入っていた。

使用するバイクはCRF100Fという競技専用モデル。
ヘッドライト、ウインカーなどのランプ類はなく、速度計などのメーター類も全くない。
エンジンの始動方式はキック式。燃料供給方式はキャブレター式。キャブレター式のクルマには乗ったことがありますが、エンジンを手動で始動させるのは初めてです。


この日お世話になったホンダCRF100F

まずエンジンの始動方法についての説明から入ります。
燃料コックをONにして、チョークを半分程度引き、そしてキックペダルを出します。
そして、そのペダルを一気に踏み込みながら、アクセルを最後に少し開ける感じ・・らしい。

で、私も早速やってみます。
「んりゃ!おりゃ!こりゃ!」と必死にペダルを踏み込みますが、なかなかエンジンはかかりません。他の方も、初めての方は皆結構苦労されてる感じ。
で、最終的にチョークを少し弄ったら(開けたのか閉めたのか忘れた・・)やっと「ブオーン!」とかかりました。
それにしても、もうすでに汗だく状態です。(暑っ!)

何とか全員エンジンがかかったところで、オンロードコースを軽く慣熟走行します。
オフロードバイクは2速発進が基本とのこと。ギヤは4速仕様で、オフロードでは3速中心にして低速コーナーで2速に落とす感じらしい。
インストラクター先導で、オンロードのコーススラローム内をゆっくりめに走り始めます。
とにかく車体が軽い。たぶんグロム号よりも軽いのではないかと思う。(後で調べると78kgだった)

「もっとシートの前に座ってください」との指導が入ります。
グロム号の感覚で、ややシート後方に座っていましたが、かなり前に座る感じになるようである。
少し走った後で、「何かバイクに不都合はありませんか?」「ブレーキは効きますか?」と聞かれましたので、「ブレーキが全然効きません」と申告。
見てもらうと、ブレーキレバーが緩んでアクセルに当たっていたので、その場で調整してもらいました。
ま、それでもこのオフロードバイクのブレーキは効きがかなり甘いらしい。

その後、内足を出す練習をします。
オフロードでは、内足を前に出しながらバランスを取ったり、曲がるタイミングを計ったりするとのこと。
オンロードで足を出すことはほとんどないので少々ビビり気味でしたが、徐々にコツが掴めてきました。
んが、「もっと前に座ってください」とまた指導が入ります・・。
その後も、コーナーでの車体の倒し方や、前後ブレーキの使い方など色々教えてもらいながら、何周かコースを走ります。

と、いきなりストンとエンジンが停止。
キックペダルを踏み込んでエンジンをかけ直しますが、すぐに落ちて止まってしまいます。(あれ?)
何度もキックペダルを踏み込みます。顔から汗がしたたり落ちます。しかしついに全くエンジンがかからなくなりました。(あかん・・)
インストラクターが来て見てもらいます。
「ん? あ、コレは、ガス欠ですね」とのこと。(へ?)
で、「すいません。こっちのバイクを使ってください」と、インストラクターのバイクに乗り換えます。

「へえ、珍しいこともあるもんだ」と思いながら、またコースをグリグリと走ります。
と、「もっと前に座ってください」とまた指導が入りました。。。(-.-)

一旦休憩が入ります。
ガソリンが入った元のバイクに戻していただきます。こっちの方がブレーキが効くとのこと。
で、いよいよオフロードコースへと移動します。
オンロードコースを少し逸れ、そして駐車場の脇から一旦外へ出ます。一般道を横断しますので、ここはエンジンを切って、バイクを押して移動。
で、見えたきたのは、まるで近所の空地のようなスペースでした。

広さは郊外のコンビニ駐車場くらい。
ダートと草地が入り混じったところに、三角コーンがたくさん置かれています。
ほぼ平坦地。コーナーには所々えぐれた感じのところもありますが、アップダウンはほとんどありません。

で、まずはココでも軽く慣熟走行。初めてのオフロード走行ですが、もう最初は何もかもビビり気味。まあ、何しろ思うように曲がれない・・。
その後、ブレーキングの練習。
直線で4速まで上げて、後ブレーキだけで後輪をロックさせて止まるというもの。
これまたちょっとビビりましたが、やってみると結構安定しながら後輪を滑らせることができる。(面白い・・)
そして今度は前ブレーキ。コレは2速のまま少し速度を上げてすぐに止まるというもの。
なぜかオンロードのときよりも効きが良くなった感じがする。不思議だ。

そして次は、いきなりアクセルターンに。
車体をやや寝かし気味にして、アクセルで後輪を空回りさせてその場でターンさせるというもの。
皆それぞれ適当な場所を選んで、そしてまずは右足を軸にしてやってみます。
クラッチをドンと繋いで、グイっと回す・・・。一瞬だけズルっとなるが、回るまでは全然いかない。
アクセルを開けたまま調整することが難しい。しかもちゃんと寝かさないとバイクだけが飛んでいく。ていうか、何度もやっていると非常に疲れる。もう全身汗まみれ状態である。
ココでやっと午前の部が終了。ホントにやっと終わったって感じ。もう結構疲労困憊である。お腹も減った。

軽く昼食を済ませます。
で、午後からの服装について悩みます。
午前中は、自転車用の冬用インナーにユニクロのフリースジャケットを着てましたが、暑すぎて死にそうでした。
この日の気温は20度程度。風はなく湿度はやや高め。オンロードと違って、走りながら身体を冷やすことはない感じ。
てことで、ココは一気に冬用インナーだけにして、その上にプロテクターを装着することにします。

コレが大正解。昼からは快適に練習することができました。
午後は、オフロードコースをガンガン走っていく感じ。
注意点は、シートポジションと、足が開き気味になってしまうところ。
とにかく後輪の挙動を意識。後輪をシュルシュルと滑らせながらスムーズにコーナーを抜けることができると気持ち良い。
しかしなかなかうまくいかない。一度、草地のS字で前ブレーキを不用意にかけ、前輪が滑って左側にズバーっと転倒。
ま、低速だったし、下が草地で柔らかだったので、身体は全然問題なし。バイクのギヤレバーが曲がってしまいましたが、インストラクターが足でグイっと戻してくれました。

その後、コース取りについての講習。
オンロードでも、コース取りによって大きくタイムに差が出ることは先日のHMSで理解済み。
しかしオフロードでは、オンロード以上に路面の状態や傾斜。そこが砂地なのか?草地なのか?湿り気はあるのか?石は?と見るところが多いとのこと。
その上、コース脇のちょっとしたギャップを利用したりすることで、より効率の良いターンができるとのことである。

てな感じで、最後はグループを二つに分けて、ノンストップで周回することに。
前半5名は「いけてる班」、後半5名は「頑張れ班」て感じ。もちろん私は「頑張れ班」である。
ノンストップになって大きく違うのは、直線でかなりのスピードを出せるようになったこと。
なので第1コーナーへの進入速度、およびコーナー内での速度も大きく上がって、ダイナミックにコーナーを抜けれるようになります。

まずインストラクターが模範演技を示してくれました。
いやはや、しかしスゴイ。さすがである。とにかくスムーズで無駄がない。そして何よりカッコイイ。まるでショーを見ているよう。
で、私も走ってみます。
ま、ナカナカ上手く走れません。直線でもスピードは上げますが、怖いので早めに減速してしまい、1コーナーにはヘニョヘニョっと入ってしまう感じに。でもとりあえず一つ一つのコーナーを大事に確実にクリアすることに専念します。
と、前を走っていた女性がS字で三角コーンに絡んで転倒。バイクを乗り越えて飛んで行ってしまいました。(おお)
すぐにインストラクターさんが「大丈夫ですか?」と駆け寄って行きましたが、幸いにもお体は大丈夫そうな感じ。(よかった)
その後も、あちらこちらでコースアウトやキックしてエンジンをかけ直す人が続出。でも何だか皆笑顔。(楽しいです)

そしてまた「いけてる班」に切り替わって休憩しているときに、新人インストラクターさんに「自分が一番まず注意しなければならないことは何でしょうか?」と聞くと、「ブレーキをもっと使って欲しいですね」「もっと加速と減速をしてメリハリをつけましょう」とのこと。(なるほど)

てことで再度挑戦。
ポジションは前に、足は閉じる、そしてタイミングよく足を出す、後輪を意識して曲がる、直線になったらアクセルオン、ブレーキは2本指で軽く調整しながら、直線のガレ場は腰を浮かす、ギヤはコーナー前に落とす、S字はハンドルも使う、上体をもっと捻る・・。
それにしても、もう身体がギシギシである。上半身も下半身も。
と、気付くと走ってるのは私と学生さんの2名だけになっていました。他の方々は疲れ果てたのか自主休憩に入ってるようです。(あれ?)
と、ココで学生さんが派手に転倒。直線から1コーナーに入る一番スピードの上がるところ。見るともう全身埃まみれになってました。(わお)
顔を少し切ったようですが、幸いにも大きなケガはなさそう。(よかった)
で、インストラクターさんより「生き残った〇〇さんが優勝です」と一言あって、皆から拍手を受けてしまいました・・。(ハハハ)

てな感じで、初めてのオフロード入門は無事終了。
いやいや、もう達成感というかやり切った感がハンパないです。笑

しかしオフロードバイク面白いです。これで山の中をツーリングしたら相当楽しいだろうな。
鈴鹿ではこの入門コースしかないですが、浜名湖のHMSではかなり本格的なオフロードコースがあるらしい。
かなり遠いですが、機会があれば一度参加してみたいです。

あ、この日は鈴鹿までワゴンR号で来ました。
やっぱりクルマは快適です。片手でコーヒー飲みながら運転できるだけでもう幸せ。笑
ちなみに往復300kmの消費ガソリンは10.74L。燃費は28.0km/L。高速代はなし。
てことで、遠征費用は1321円となりました。

今回は高速は使わずに名阪国道(針〜亀山間)だけ利用。
普通に高速を使うと片道1130円。30〜40分程度早く着くことができます。

ま、この費用差と時間差なら、これからも下道で行くべきだな。(クルマで・・)

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

バンブーさん こんにちは 
HMSにはこんなプログラムもあるのですね。
一時期シクロに嵌まってからダート走行したいと林道ツーリングに憧れてました。よくみると福岡、熊本でも開催されているので山口在住の私も参加してみようと思います。
ちなみに先週から教習所に通っています(笑)
jaja51 | 2015/11/10 7:07 AM
jaja51さん>
おおおおお!ついに入所されましたかぁ!!おめでとうございます!!彡^・∋/゚・:*【祝】*:・゚\∈・^ミ
いやホント、その一歩が大事なんですよ。もうそこからは激坂を転げ落ちるように一気に青春時代に戻れます。笑
そうHMSは全国にあるんです。山口なら九州ですね。どうも福岡よりも熊本の方が充実してそうです。しかも予約も取りやすそうな感じ。そこも一気に行ってしまいましょう。
で、いつか一緒に走りましょうね。^^
vanboo | 2015/11/10 7:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM