<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< バイクの安全とマナーについて | main | カワサキNinja1000をレンタルしてみる >>

ドゥカティスクランブラーをレンタルしてみる

ついに外車をレンタルしてしまいました。
しかもいきなりドゥカティ。車で言うところのあのフェラーリみたいなもんです。

いや正直、この正月の段階では、まさか自分があのドゥカティに跨って走ることになってるなんて夢にも思いませんでした。。。笑

IMG_3189.jpg
おお〜、ホンマにDUCATIや〜♪

今回レンタルしたのは、ドゥカティより今年発売されたニューモデル「スクランブラー」です。
スクランブラーにはモデルが4つあって、その中の「クラシック」というややオールドチックな要素を高めたタイプをレンタルすることになりました。

さすがにドゥカティは契約しているマイガレ倶楽部対象車種にはありませんでしたが、たまたまレンタル819にて割安の試乗キャンペーンをやっていることを知って思わず申し込んでしまった次第です。
てことで、今回はいつもの藤井寺の八尾カワサキではなく、大阪の北の方にあるレンタル819の茨木彩都店で借りることとなりました。
泉大津からは片道約50km。もちろんグロム号は高速不可ですので下道のみ。結構、いやかなり遠いです・・。
でも休日なので道は空いているし、幸いにも新御堂筋はグロム号でも通行可能ですので、意外に早く1時間ちょっとで到着することができました。

9時半前にお店に行くと、すでにスクランブラーが店の前に用意されていました。(おお・・)
ナンバーを見ると、何と札幌ナンバー。(あれ?)
どうも車両入替のタイミングが重なって、急きょレンタル819の本部から取り寄せたとのことらしいです。
ちなみに走行距離は1000kmちょっとのまだほとんど新車状態です。

正直「札幌ナンバーはちょっとイヤだな〜」と思いましたが、そのスポーティさとクラシック感が見事に合体されたスタイル。そしてイエローにアルミ板が映えるタンク。バックに「DUCATI」と軽くロゴの入ったこげ茶色のシートなど、とにかくオシャレでカッコイイ。
お店の方が色々と説明をしてくれます。そして「これがスタートボタンです」とアクセル横にある小さなボタンを押しました。
すると「ンド!ドゥ!デュ!デュ!デュドン!」と腹に響くようなエンジン音が響き渡ります。結構な音量。でもそれほど不快な感じではありません。
「うわ、アカン、めっちゃカッコええ・・ホンマにドゥカティや・・スゲ〜、マジでコレに乗れるのか・・」とテンション急上昇。
で、笑顔で「ではココにサインを」と契約書を見せるスタッフに、こっちも軽く「はい!」と笑顔でサインをしてしまいました。

さてこのスクランブラー、シート高は790mmと先日のW800と同じくらいですが、重量は192kgと何とホンダCB400SFよりも軽いので、それほど取り回しに不安は感じません。
エンジンは803cc空冷2気筒で前後L型にマウントされています。ぱっと見は水冷に見えますが、エンジン前部のラジエターのようなものはオイルクーラーで、あくまでも空冷エンジン。
ちなみにタンクの上には「5分以上のアイドリングは厳禁です」と書かれたシールが貼ってありました。

で、とりあえず跨って車体を起こします。
足つきは全然問題なし。ホントCB400SFと同じくらいの感覚。ハンドルはやや高くて広め。広さはストリート750くらいか?
ポジションは上半身を楽に起こせて、まるで椅子に座るように楽な感じ。
早速、エンジン始動。
また「デュ!デュ!デュドン!」とエンジン音が響き渡ります。(おお、エエ感じや・・)

「ではお気をつけて」
とお店の方に見送られながら、クラッチを慎重に繋いで走り出します。
ドドドドっととりあえず問題なく発進。
そのまま彩都西駅前のロータリーをゆっくり回りながら2速に入れたところで、エンジンがガクガクといきなりストール気味に。(おっと・・)
で、思わず少しアクセルを開けると、今度はいきなりドカっと急発進して上半身がのけぞります。(んなっ!)

本日の目的地は福知山にあるラーメン屋さん。(またかい!)
てことで、まずは箕面グリーンロードというトンネルを潜って、一気に箕面の山手側に抜けるルートをとります。
んで、とにかく低速でのコントロールに苦労しながらも、何とか市街地を抜けてトンネルに入ることができました。(ふ〜・・)
トンネルを抜けてからは、能勢から篠山方面へと田舎道をトコトコと走る感じになります。
その頃には、エンジンも温まって、徐々にこのジャジャ馬にも慣れてきました。

いや、それにしても・・。
あのハーレーストリート750も結構シビアなアクセルレスポンスでしたが、このスクランブラーはその比ではありません。ま、加速と減速はできるが、とにかく一定速度で走るのが難しい。特に40km/h前後で走る車の後ろについて走ると、もう何だか常にガクガクしてる感じになってしまいます。
低いギアでは、ホントにミリ単位でアクセルを動かしても急加速と急減速に・・。で、一つギヤを上げると今度はエンジンがガクガクと苦しい感じに・・。
まあ、元来ドゥカティとはこんな感じで乗りこなすのには結構苦労するとは聞いてました。
でもこのスクランブラーについては、今よく見ている深夜番組「バイクTV」で、女性ライダーが「案外乗りやすいです」と評していたので、「これなら大丈夫だろ」と軽い気持ちでレンタルしたのですが、少々甘かったようです。

それでも山道をメリハリをつけて走るのはさすがに面白い。
直線からブレーキをかけて減速。シフトダウンのときのエンジン音もエエ感じです。
フロントに過重をかけたままリーンウィズでコーナーへ。コーナリングは特にクセはなく軽くかつ安定してます。
で、出口にフロントタイヤが向いたらアクセルをほんの少し捻る。すると、ドドドドっと車体を起こしながらまさに大地を蹴るように加速。で、また次のコーナーに向けてブレーキングを準備・・。
いや、もう、コレは楽しすぎます・・。

ただ調子に乗ってアクセルを捻りすぎると、あっという間にとんでもないスピードに達してしまい、慌ててアクセルを戻すとガクっと急減速し、もうリズムが目茶苦茶に・・。^^;
「いや、これは雨の日には絶対乗れないな」と思いながら、何とかこの暴れ馬をスムーズに走らせる方法がないかと、自分なりに色々探りながら道を進めます。

R173からR9へ抜ける県道で、なかなか良いポイントがあったので、一旦止まって撮影タイムに。

IMG_3185.jpg
チョイ悪スタイルです

IMG_3197.jpg
803cc空冷L型2気筒エンジン

IMG_3199.jpg
少しオフセットされたシンプルなメーター

さすがに50km/hを超えると、それなりに「ドドド・・」と定速運転もできます。
しかし何とも退屈。
何て言うか、このスクランブラーからは「オイ!アクセルを開けろ!もっと開けろ!」と常に言われている感じ。
そして自分でも「ここでグイっとアクセル開けたら気持ちエエやろな〜」と、もっとアクセルを開けたい衝動に駆られます。
でもそんなことしたらエライことになるので、ひたすらガマン、ガマン、ガマン・・の状態。
なので、どうにも面白くない。そして退屈に感じてしまいます。

このバイクを本当に気持ち良く走らようと思ったら、もうサーキットのようなところに持ち込むしかないでしょう。
いやはや、何とも恐ろしいバイク。
しかし、ホンマにコレで初心者向けなのでしょうか?^^;

何て考えているうちに、目的地のラーメン店「ふくちあん」に到着しました。
時間はちょうど12時過ぎ。お店の前には結構な行列ができています。
でも皆グループだったようで、お一人様の私は空いているカウンター席に即案内されました。(ラッキー)

PA180046.jpg
エライ並んでます・・

PA180044.jpg
ふくちあんラーメン

注文したのは、メニューにお勧めとされていた「ふくちあんラーメン」。
やや濃厚なスープに細麺。そしてトロチャーシューとバラチャーシューに煮卵がついて777円(税込)なり。
うん、美味い。でもあんなに並ぶほどでもないか・・。^^;

ココからは、綾部から日吉ダム方面へ抜けるつもりです。時刻的にはほぼ予定通り。
てことで、途中の下山駅付近で以前撮影に失敗した381系特急に再挑戦してみることにします。
狙いは下山駅を14時24分ごろに通過する「きのさき16号」。
今回はこの列車が間違いなく381系であることを予め調査して確認済みです。(よしバッチリ・・)
撮影ポイントも、前回失敗したときにロケハン済みのところです。(これもバッチリ・・)
で、14時ごろにその撮影ポイントに行ってみると、何とそこにはもう人だかりが。(エ?)

鉄ちゃんカメラマンは3名ほど。一人はロードバイクに乗ってきた青年。そして珍しくカメラ女子も1名いました。
ホントはこのポイントでバイクと一緒に撮ろうと思っていたのですが、さすがに難しそうなので、少し離れたところへ移動してそこから撮影することにしました。
ま、ちょうどココでもバイクも置けたので、スクランブラー越しに381系を狙うことに。

で、出来上がった作品がこちら。

IMG_3218.jpg
お題「引退する381系を見送るスクランブラー」

いや、ま、コレはコレで、エエんちゃうか・・。笑

その後、日吉ダムで少し休憩。
この日はとても良いお天気でしたので、バイクもたくさん終結してました。
珈琲を飲みながら、そんなバイクたちをまたポーっと見てると、「札幌からですか?」と一人の男性に声をかけられます。

「あ、いや違います!レンタルバイクなんです!ははは!」と少々慌てながら返事をする私。
「ああ、そういうことですか」と笑うその男性のバイクはスズキのハヤブサでした。
ホワイト地に金色の「隼」の文字が光ってます。それにしてもデカい。

「そのハヤブサで何キロくらいあるのですか?」と聞くと、「266kgです」とのこと。
「ほえ〜、ちなみに燃費は?」と聞くと、「だいたい15〜20km/L程度ですね」とのこと。
「あ、意外に良いのですね」
「そうですね。でも乗り方によってかなり違ってきます。回すとやはりそれなりです。どうですかそのドゥカティは?」
「面白いですが、結構クセがあります」
「やっぱりそうなんですね。フフフ・・」
何て話をしながら、あっという間に時が経ってしまいました。

途中、以前グロム号でも撮影したポイントで、スクランブラーも撮ってみます。

PA180049.jpg
お題「空から下りてきたスクランブラー」

その後、京北から京都へと向かいます。
で、京都市街に入ったところで大渋滞に。何と停止してから10分くらい経っても、全然動きません。
と、下から強烈な熱気が上がってきたので、慌ててエンジンを切ります。(熱っ!!)
で、少し動き始めたので、またエンジンを始動してスタート。で、また止まったので、エンジンもまた停止。
何てことを何度かやっているうちに、やっと渋滞を抜けることができました。
後で知ったのですが、ちょうどこの日は福王子神社で秋祭りがあったらしく、何と神社前の交差点を一時封鎖してたようです。

ココでお店に携帯で「少し遅れそうですが、何時まで開いてますか?」と連絡しときます。
「19時まで開いてますので、お気を付けて帰ってください」とのこと。
予定ではここからR171で帰るつもりでしたが、あまりにも遅れそうでしたので、名神高速で京都南から茨木まで一気に走ることにします。

で、高速でのスクランブラーは、これまた元気な感じでした。
でもネイキッドですので風圧が強烈なのは同じ。(当たり前か・・)
てことで、90km/h程度で淡々と流しながら、一気に茨木へ。
そしてガソリンスタンドで満タンにしてから、無事お店に到着しました。

帰着時間は17時40分ごろ。
結局、10分遅れで済みましたので、延長料金はなしに。(ラッキー)
ちなみにこの日の走行距離は242km。ガソリンは計11.1L消費しましたので、燃費は21.8km/Lでした。
これまた意外に良い燃費。(ただしガソリンはハイオク指定です)

お店の方から「どうでしたか、このバイク?」と聞かれます。
「いや、思ったよりもジャジャ馬でビックリしました。モンスターとかもこんな感じですか?」と聞くと、「いや、もっとスゴイですよ」とのことでした。(マジか?)

てことで、今回もココでこのドゥカティスクランブラーについての感想を一言。

いわゆる「尖った」バイク。
本当はもっと柔らかく尖ったイメージをしていたのですが、想像以上に固く尖ってました。
とにかくゆっくりのんびり走ることが合わない。そうW800とは全く正反対のバイクです。
その代わりその加速感や減速感など、”走らせる”と快感のひと言です。
ただその快感を本当に味わおうとすると、私レベルでは命がいくつあっても足りません。

でもそのオシャレなスタイルは、国産ともハーレーともまた違う独特のカッコ良さを持っています。
とにかく何一つとってもデザインが洒落てます。そして遊び心に溢れてます。メーターも、ボタンも、キーも、ヘッドライトも、ブレーキランプも、シートも、ミラーも・・。
あ、そうそう、このミラーがとっても見やすいです。今まで乗ったバイクの中では一番見やすかったように思います。

ちなみにこのスクランブラークラシックの新車価格は120万円弱。スクランブラーアイコンなら100万円弱と、ドゥカティにしては結構リーズナブル。
ま、でも今後の大型バイク購入候補にはやはり入らない感じ。
とても楽しいバイクですが、私としてはもっとのんびり走ることも楽しみたいです・・。^^
しかしバイクによってこんなに性格が違うなんて面白いですね。

んで、さて次回はカワサキの「Ninja1000」をレンタル予定。
カワサキ製ですが海外販売バイクなので逆輸入車となります。ちなみに初のフルカウル車。

いや、これまた楽しみでし〜。。。

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
バイク関連 | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

こんばんわ
今度はドゥカティですね。なんだかスイートスポットが狭いんだけどそこにハマると、もしくわハメると喜びが倍増、またそこにハメれる人限定なんでしょうね(笑) しかし撮り鉄だったのですねw
私も小学生時代はブルートライン撮ってました(爆)
jaja51 | 2015/10/22 10:41 PM
jaja51さん>
そうですね、しかも技量がないとそのスイートスポットも楽しめません。^^;
撮り鉄ではありませんでしたが電車は好きでしたね〜。て言うか乗り物は何でも好きでした。
もちろん小学生の頃はスーパーカーを追っかけてましたよ。笑
vanboo | 2015/10/23 6:04 PM
こんにちは。突然失礼します。
私も先日同車種を試乗してまいりました。
感想としましては「ドゥカティなのにこれ程フレンドリーかね?!」でした。まるで教習車みたい(教習車はNC750でした)とディーラーの方に伝えると、苦笑いされました。
都市部での試乗でしたが、3000rpm以下はドコドコと鼓動がたのしいし、4000rpmからは軽やかに回って、別の楽しさをくれる印象でした。
大型取り立ての青二才が生意気でしょうが、感じることは人それぞれなんですね。
ちなみにエンジンからの熱気に関しては全く同意見ですw
tie | 2016/04/12 9:00 PM
tieさん>
コメントをありがとうございます。
確かにスクランブラーとNC750Sは同じ2気筒ですので、低速のドコドコ感などは似てる部分があると思います。
ドゥカティでもモンスターなどはもっと尖っているらしいので、一度乗ってみたかったですね〜。
て言うか、NC750Sも意外にワイルド系で楽しいんですよね。^^
vanboo | 2016/04/13 6:02 AM
1マイガレの年間会員で楽しんでました。立ちごけするまでは
立ちごけで部品代約12万と営業保証2万円の請求を受けました

一番費用を膨らませてるのが部品代の高価なタンクやマフラーの補修料
個人的には凄く小さな傷ですが、補償規定がかなり厳しくどんなに小さな傷でも500円玉未満はその部品代の30%
例えばタンクが6万として、数ミリのキズでも30%の2万円弱の請求となります
もう恐ろしくて借りたくないですが、年間会員で残回数もあるし解約できないし、、
立ちごけまたすれば同じ請求となれば、レンタル屋にお金を奪われるような感覚

マイガレ地獄にはまってます
乗らずに最低限の損にするか、一か八かハイリスクの恐怖を楽しむか、、困った、
とほほ | 2017/08/30 7:30 PM
私はマイガレ倶楽部に入って延べ10回&6車種ほどの大型バイクをレンタルしましたが、幸いにも立ちごけすることなく、半年ほどで解約料を払って脱会しました。
総費用でも10万円弱くらいで済みましたので、色々な車種を整備&洗車済みで楽しませてくれるのですから、非常に安くついたと思ってます。

ただし立ちごけのリスクはとても大きく感じてましたので、レンタルする際には細心の注意を払ってましたが、立ちごけせずに済んだのは、ある意味運が良かったようにも思います。

ちなみにこのブログにも何度かアップしてますが、ホンダHMSでガンガン走ってコケるのもアリかと思いますが、いかがでしょ?
あれはコケても請求されませんし、何より安全ですし、スキルも各段にアップします。

ま、私は一身上の都合によりバイクを諦めましたが、とほほさんはぜひこれからも安全で楽しいバイクライフを送ってくださいませ。^^
vanboo | 2017/08/31 10:59 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/402
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM