<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 5ステージ・スズカ 参戦記 2013 1日目 | main | 広域農道強化練 >>

5ステージ・スズカ 参戦記 2013 2日目

明けて2日目。

朝から雨です。
しかもエライ勢いで降ってます・・。


う〜ん、雨やな〜・・・

「オレ、帰るわ・・」

ホテルで朝食を摂ってると、隣のオッサンGFT氏がこうボソっと呟くのが聞こえました・・。

「ハ?マジっすか?」

「うん、帰るわ・・」

前を見ると、もうチームジャージに着替えて臨戦態勢のジュニア氏が、「エ?そんなんアリですか?」てな表情で前のオッサンGFT氏を眺めてます。

ま、このGFT氏は、昨日のチームTTで切れてしまったので、チーム成績にはもう関係なし。
それに、彼には2年前の第4ステージで落車に巻き込まれてエライ目に遭った、辛〜い経験がおありです。

てことで、2日目は5名体制での出陣となりました。。。^^;


作戦会議中・・・(エライ雨やぞ、どうする〜?)  photo by のんのんさん

ま、とりあえず無事に帰ってくることが、一番の目標。
その上で、上位4名は集団の前に位置取りして、先頭集団ゴールを目指したいところ。
余裕があれば、シロしば氏にスプリントをかましてもらって、ポイントをゲットしたいところ。
ただし絶対に無理はしないこと。

てな感じに、話し合っているうちに、雨脚はますます強くなってきました・・・。^^;


■ 第4ステージ (ロードレース・ショートコース5周回/11.2km)

ショートコース5周回の、まるでクリテリウムのような高速レース。
速度が速い分、集団が中切れすることも多く、気が抜けないインターバルレースです。
そして何しろ、この雨なので、落車が怖い・・。

何て思いながら、スタート地点に立っていると、雨は少し小降りになってきました。
しかし、路面は完全ウェット。気は抜けません。

9時半前に「パン」とスタートします。
下ハンをもって一気に加速し、ホームストレートを駆け上がります。
そしてシケインへは行かずに、その手前を左折。
やや集団は詰まって速度が落ち、そして縦に伸びながら一気にスピードが上がります。
それにしても相変わらず人数が多い。
この雨なので、もっと出走者が減るかと思ったが、そうでもない感じ。

高速の下りは、まさにビビデバビデブー・・。
ところどころが川のようになっており、不用意にペダルを踏み込むと、ツルっと後輪が滑る感覚がお尻に伝わります・・。(ひえ〜・・)
とりあえずゴールライン横の、残り周回数の看板を、「あと何周?」と確認しながら、集団内で気を抜かずに走ることに徹する。

最終周回に入るホームストレートでややペースが上がり、集団が伸びてかなり苦しみましたが、何とかそのままosama氏とシロしば氏と共に先頭集団内にてゴール。(ふ〜・・・)
W坂氏は最終周で切れて、44秒遅れてのゴール。ジュニア氏は後方待機(?)で、2分弱遅れでのゴール。

ま、とりあえず全員無事に完走できたので、ヨシと・・・。

(第4ステージリザルト)
ステージ順位: 80位/197人
個人総合順位: 55位/236人
チーム総合順位: 14位/42チーム
http://www.shimano-event.jp/result/13suzuka/061-4.pdf


次はいよいよ最終レース。
昨日から立て続けに4レースも戦ってきて、さすがに脚の方もペキペキになってきてます。

と、ココで何とM並先生が登場。
M並先生は、地元泉大津で整骨院を構えるロードレーサーです。
今日もエリートレースに出場する予定でしたが、この雨なので出走を取りやめて、我がチームの現地サポートに来られたとのこと。

てことで、オイラの疲れた身体を癒してもらいました・・・。


ああ、極楽や〜・・・  photo by のんのんさん

で、見事に蘇生完了。。。

ついでに、我がチームのエースを始め、それぞれマッサージサポートを受けます。


筋肉の太さが違う・・・(割増料金やろ・・)  photo by vanboo

M並先生、本当にありがとうございました。<m(__)m>
これで、もう皆、思い残すことなく・・・あ、いや万全の体制で、最終レースに挑むことができます。


■ 第5ステージ (ロードレース・フルコース7周回/40.8km)

フルコース7周と、一番長いレース。
ま、サバイバルレース的の方が得意なオイラにとっては、もっと長くしてもらいたいところですが、今日はこの雨なので、ありあえず無事にゴールすることが最優先課題。
とにかく1時間、無理をせずに耐えるのみです。

雨は降ったり止んだりの状態。
でもスタート前には止んで、やや空も明るくなってきました。

12時半前にスタート。
先ほどの第4ステージに比べればやや落ち着いたペース。
そのまま何事もなく1周回目を過ぎ、「ヨシ、このままのペースでゴールまで・・」と、思った2周回目のスプーンカーブ過ぎで、大落車発生。(わお!)

集団のど真ん中にいたオイラは、右にも左にも避けれずにフルブレーキ。
何とか、落車してる選手のすぐ手前で完全ストップ。
一瞬、後ろから突っ込まれるのではと、ビビって構えるが、後ろも無事停止した感じ。
で、散らばっているボトルや部品を避けながら、すぐに再スタートします。

集団はバラバラ状態から、少しずつまとまってきます。
2列から1列棒状になって、前方の集団を追います。
ダンロップへの上りも、もう全員踏み踏み状態。そして恐怖の下りへ。
姿勢をできるだけ低く、遠くに視線を置いて、あとは「ママヨ〜!」と叫ぶのみ・・。

ホームストレートに入って、また激踏みします。
ココで先頭集団に合流できるかどうかが、このレースの別れ道。第1ステージはこの状態で千切られました・・。
スタンドから誰かが名前で声援を送られてるのが聞こえます。でも誰か確認する余裕は全くありません。
一人また一人と踏むのを諦める選手をパスしながら、渾身の力を込めて前方の集団を追い続けます。
で、何とか、シケインの手前で集団のお尻に無事接続・・・。(ああ、チンド〜・・・)

その後は集団もやや落ち着いてきます。
集団内には、osama氏とシロしば氏の姿も見えます。
とにかく、この3人がこの集団のまま、ゴールすることが最優先。
まずは気を抜かずに、そして無理をせず、淡々と生き残ることを目指します。

と、しばらくするとW坂氏が、「やっと追い付きました!」と言いながら横に並んできました。
何と、先ほどの落車に巻き込まれて、吹っ飛んでしまったらしい。
大丈夫かいなと聞くと、「肩が痛いです」とのこと。
それにしても、その状態でこの集団に追い付くって・・・凄すぎます・・。


時折雨は激しくなります・・・  photo by cyclist

かなり雨が激しくなってきました。
前のバイクが跳ね上げる水で、もう全身水浴び状態。
と、ダンロップを越えて、またS字へと下っていった先で、一人の選手が落車したのが見えました。
と同時に、「落車、落車〜!!」と、集団内で声が上がります。
選手はコースの真ん中で倒れてます。(右か?左か?)
左だ!と思った瞬間に、前の選手も左へと寄ってきて、そのままコース外へと押し出されます。
そして芝生の上を「ササササ・・・」と滑るように走って、パイロンの手前でコースに復帰。
そのまま縦に伸びた集団の後ろに付きます。

ほぼ一列棒状のまま、ホームストレートへ。
かなりのペース。とにかく前の選手に喰らい付くことだけを考えてペダルを回すオイラ。
で、シケイン手前で、何とか無事に前方集団に接続。(ああ、チンド・・)
後で聞くと、この瞬間、切れそうになったこの集団を、シロしば氏が一人で引き上げていたらしい。(すげ〜・・)
それにしても、このシロしば氏の成長ぶりには、目を見張るものがあります。(素晴らしい・・)

と、6周回目あたりのホームストレートで、前方に巨大な集団が見えてきました。
何と、エリートカテゴリーで走る集団のよう。チームメイトのルミ子の姿も見えます。
こっちのペースが速いのか、あっちのペースが遅いのか、見る見る近づいて合流しようとしてます。
「せっかく落ち着いてきたのに・・・」と思いながら、エリート集団の右横を、集団はパスしていきます。(怖え〜・・・)

が、集団は特に不安定になることもなく、スムーズに通り抜けた感じ。
ま、この集団の多くの選手の気持ちは一つです。

「何とかこのまま無事にゴールして、お家に帰ろう・・・」

てな感じで、やっと最終周回に入ります。(ああ、ラストや〜)
やや集団のペースは上がりますが、もう最終レースの最終周回です。
「このシケインさえ乗り切ればゴールできる・・」と、ペキペキの脚をフル稼働して周りの選手に付いていきます。

で、無事シケインを抜けてスピードアップ。
落車の多いスプーンカーブとヘアピンカーブを慎重にこなし、デグナーからダンロップカーブへ。
もうスプリントに参加する気はサラサラありませんので、集団内の位置をそのままキープする感じで、最後の下りへと突入していきます。
集団前方にだけ注意しながら、やっとホームストレートへ。
そして周りの選手に合わせるように腰を上げ、スピードを上げてゴールへと向かいます。

んで、無事にゴール。。。(ああ、終わった〜・・・)

(第5ステージリザルト)
ステージ順位: 59位/196人
個人総合順位: 50位/236人
チーム総合順位: 13位/42チーム
http://www.shimano-event.jp/result/13suzuka/061-5.pdf


最後は先頭集団ゴールできたと思ってましたが、リザルトを見ると何と11秒のタイム差がついてました。(エエっと何秒空いたらアカンねやっけ?^^;)

ま、何とか無事に5ステージを完走です。
ちなみに、チームメンバーもGFT氏を除いて全員が全レース完走。
個人総合では、シロしば氏26位、osama氏29位、オイラが50位、W坂氏が63位、ジュニア氏が98位と、全員100位以内で完走。(GFT氏を除く)
そしてチーム総合では13位と、来年のシード権も無事ゲットでし。

ちなみに今回オイラが立てた目標では、1から3まではクリア。
4は、結局また1回もosama氏より先にゴールできなかったのでアウト。
5は、W坂氏が最後に落車負傷したのでアウト。

ま、それでも特に大きなトラブルなく終われて良かった。

それにしても、こんなチーム戦もたまにはイイな、と。
ムードメーカーのシロちゃんをネタにしながら、本当に楽しく戦い抜けた2日間でした。。。

エ? 来年? う〜ん、ど〜しよ〜かな〜?^^;


ま、とりあえずココでちょっと一段落。。。
そして、また11月の沖縄に向けて、身体をロング仕様に切り替えていきます。

あ、その前に、HC大台ケ原があったか。。。

シマノ鈴鹿ロードレース | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

ども、筋肉的に電車料金も割増になるのでは?と心配のシロしばです、先日はお疲れ様でした!!ホント無事に生きて帰れてよかったですよね・・・W坂氏だけ負傷して残念でしたが・・・。

来年必ずサニーサイドに1勝を持って帰ります!だから来年も是非みなをまとめてお願いします。親分が居ないと個人TTで誰をイジッたらいいんですか??(´・ω・)

僕はもう一段落しましたが、これから沖縄に向けて更にアゲられるのでしょう。追い込む際には是非このシロしばも使ってやって下さい!無駄にアタックしますんでよろしくお願いします!!

シロしば | 2013/08/30 8:25 AM
5ステージお疲れ様でした。

レポート楽しく読ませて頂きました。
チームって良いですね!
渡辺 | 2013/08/30 10:01 AM
お疲れ様でした〜。2日目は怖かったですね〜。
エリートでvanbooさんが見かけたのは
たぶんBUNちゃんだと思います。
エリート1組の先頭集団は
5ステージのメイン集団には追い越されていないかと…。

エリートの方は落車はほとんどなく、1回だけ
小さいのがあったのみでした。でもS字の下りは
怖かったでし〜(TT)
るみちゃん | 2013/08/30 6:43 PM
年に1度鈴鹿でお会いできるのを楽しみにしています!

「上りなら何処までもいけるんやけど・・・」
1度でいいから口にしてみたいセリフどす。

晴れ舞台なる沖縄に向けて切り替えですね。
楽しいお仲間と盛り上げて下さいな〜

個人的にはスイッチが入ってまた以前のように毒を吐くバンブーさんが復活するといいな(笑)
八丁味噌 | 2013/08/30 9:33 PM
シロしばさん>
どうもお疲れ様でした。
いやいや、もうコレはまさにシロちゃんによるシロちゃんのためのレースでしたね〜。
これもW坂軍曹練の賜物。練習はウソつきません。
あ、個人TTについては、ぜひシロちゃん練を開催してくださいまし。気が向いたら参加いたしますでし。

渡辺さん>
どうもありがとうございます。
そう、いつもチーム内で争ってばっかりで、こうしてチームで纏まって戦うって珍しいですね。
ま、たまには良いもんです。(笑)

ルミ子さん>
アレ、アレはブンちゃんだったのね。どうりで大人しく走ってるな、と。。。
S字の下りは、ヤバイです。ホントにビビデバビデブーでした。

八丁味噌さん>
どうも〜、お会いできて嬉しかったでし〜。
いやもうね、エエ大人ですから、毒を吐くなんて・・・そんな下品な。。。
では、次は沖縄でお会いできることを期待してます。^^
vanboo | 2013/08/31 9:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/337
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM