<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 5ステージ・スズカ 参戦記 2011 1日目 | main | 摘出完了 >>

5ステージ・スズカ 参戦記 2011 2日目

明けて二日目。

ちょっと雨が心配でしたが、何とか大丈夫そう。
気温もそれほど高くなく、なかなか快適な感じです。
でも、足は結構キテます。
距離は短くても、レース強度で走ると、さすがにダメージが大きい。
それにもう年も年なので、回復力も少々・・・。(ほっとけ・・)

と、いきなり携帯メール着信。
見ると、ゴン氏から。
「体調不良にて今日はDNSです・・」とのこと・・・。
てことで、今日は4人体制でのスタートとなりました。。。(-_-;)

トラック野郎氏とともに、車でレース会場に到着。
GFT氏、asaasa氏と合流します。
いきなりasaasa氏が、「今日のチーム戦略は?」と、聞いてきます。

とりあえず、「無病息災!家内安全じゃ!」と、応えるオイラ。。。

もう、チーム総合も個人総合も、ここから大きく順位を上げるのは非常に厳しい状況。
ま、余裕があれば、サニーサイドチームのアシストをすることも面白いですが、とりあえず怪我なく無事にゴールすることが、何よりの願いです。

オイラは、「皆、無事に帰ってくるんじゃぞ!」と、声をかけます。。。


■第4ステージ (ロードレース・ショートコース5周回/11.2km)

11.2kmと非常に短いロードレース。
その分、最初から最後までペースが上がることが予想されます。
ちなみに昨年は途中で集団が分裂してしまい、ラオー氏が後ろの集団に取り残されて貴重なタイムを失ってしまったとのこと。
何とか、集団前方に位置取りしたいところ。
しかし、スタート位置がゼッケン番号順なので、かなり後方からのスタート。厳しい・・・。

9時過ぎにスタートの号砲が鳴ります。
オイラも下ハンを持って一気に加速、とにかく前へ前へと進みます。
ホームストレートを上りきって、シケイン手前を左折。
道幅がやや狭くなってるため、集団後方ではかなり速度が落ちます。
で、抜けてから一気に加速。いきなり下りへと入っていきます。

それにしても人数が多い。
ほぼ道幅一杯に集団は広がっているので、なかなか前へ上がるチャンスがありません。
それでも、周回を重ねるごとに少しずつ前に進み、やっと集団前方が見える位置にまで辿り着きました。
その後、サニーサイドチームのN富氏やシロしば氏が、いきなり前方から降ってきたり。(何かチームでの仕事をされたようでし・・)
集団落車も4周回目くらいのS字コーナーと、最終周回の1コーナー辺りで発生してましたが、それほど危ない事態になることもなくクリア。
そして最後は流すように集団のままゴール。

(第4ステージリザルト)
ステージ順位: 46位/223人
個人総合順位: 85位/229人
チーム総合順位: 27位/40チーム
http://www.shimano-event.jp/result/11suzuka/061-4.pdf


んが、何とこのレースで、GFT氏が落車に巻き込まれて負傷したとのこと。
顔と頭からの出血が多いものの、意識はしっかりしてる模様。
するとasaasa氏が、「ボクが病院に付き添ってきます」と言って、そのまま一緒に病院へ。
「ああ、頼むわ・・」と言ったものの、よく考えると「なんでアイツが行くねん?」の疑問符が頭の中をグルグル。。。

「ま、仕方ないか・・・」と、そのまま次のレースの準備のために、またピットに戻ります。
と、そこで見たのは、完全に着替えて、チップも外し、くつろぎモード満載のトラック野郎氏の姿。。。


GFT氏のチップと自分のチップを手にポーズを決めるコノヤロー氏・・・

思わず、
バ!バッカモン!次のレースも走るぞ!!
と、叫ぶオイラ。

エ〜!マジっすか!まだ走るんっすかっ!?
と、叫ぶコノヤロー氏。

で、泣く泣くまたジャージに着替え始めるコノヤロー氏。。。

この5ステージスズカには、抽選で漏れて出場したくてもできなかったチームがたくさんいます。
こんなところで、オイラたちまでレースを下りるわけにはいきません。


■第5ステージ (ロードレース・フルコース7周回/40.8km)

最終レースは、ついに、オイラとコノヤロー氏の二人だけの出走となってしまいました・・・。

IMGP2390.jpg
不承不承と、召集場所に立つコノヤロー氏・・・

フルコース7周回と、一番長いレース。
これまで4レースを戦ってきた選手にとって、なかなか厳しいサバイバルレースです。
でも、オイラにとっては、こんなレースの方が得意分野。
できればあと100kmくらい走りたい気分です・・。

12時過ぎにスタート。
相変わらずの大集団が、一気にシケインへの上りへと向かっていきます。
序盤はややペースが上がりましたが、2周回目あたりからはやや集団のスピードが落ち着いてきました。
すると、コース脇のスタッフが「前から20秒〜!」と叫んでいるのが聞こえます。
どうやら逃げ集団ができた模様。
集団前方を見ると、少し離れたところに10名ほどの小集団が見えます。
と、その中には水色ジャージのラオー氏の姿も見えました。(お!)

ここはオイラも集団前方に上がってアシストしたいところ。
でも、まだ大集団のど真ん中に位置している状況では、なかなか前に進むことができません。
それでも少しずつ少しずつ前に進みます。まだ逃げ集団は吸収されていない感じ。
で、4周回目のホームストレートで集団のスピードが下がったのを見て、一気に集団右側から前方へと上がります。
上がりながら、ふと集団前方を見ると、何とラオー氏の姿が。(アレ?)
そしてニゲ猫氏の姿もあります。(ん?)

オイラはそのままスルスルと集団先頭まで出ます・・。
さて・・・どうやら逃げ集団にはチーム員はいない感じ。
となれば、逃げを吸収するために、ペースを上げて集団を引かなければなりません。
でも、もしかしたら他のチーム員が入っているのか?と思うと、あまり踏めません。
「しまった、ちゃんと確認してから先頭に出るんだった・・」と思いますが、もう後の祭り。
とても中途半端な引きになっちゃいました。。。

ま、そんなことがありながらも、無事逃げ集団も吸収され、そのまま最終周回に。
最終コーナー手前で発生した集団落車(この場所での落車が多いな〜)も、運良く切り抜けてゴールスプリントへ。
特に無理にスプリントすることもなく、そのまま集団ゴール。

(第5ステージリザルト)
ステージ順位: 42位/215人
個人総合順位: 77位/229人
チーム総合順位: 38位/40チーム
http://www.shimano-event.jp/result/11suzuka/061-5.pdf


ま、何とか無事に5レース完走です。。。
結局、チーム総合順位は40チーム中38位。
ま、本来最低3人いなければならないのが、最後は2人しか走っていないのですから当然でし・・。

個人総合順位は77位。
何と言っても、個人TTでの無様さが光ってます・・。
ま、やっぱりこの5ステージは、スプリンターのレースです。(ステージ2勝の山岸選手なんか、バリバリ競輪選手やん・・・)
もし来年もこのレースに出るなら、オイラもちょっとTT的な走りも考えないと・・。(ああ、やっぱDHバーいるかな〜・・)

ちなみにサニーサイドチームの方は、チーム総合8位となかなかの成績。
レースでも結構動いていたようで、かなり楽しそうにやっている感じでした。
(多少、泣きが入っていたメンバーもいたような気が・・・)

ま、やっぱりうちのチームは、osama氏を怪我で欠いたのが痛かった・・。(ま、ちょっとやけど・・)
これは、まさに彼向きのレース。(決してオイラ向きではない・・)
もしも彼がいたら、大きく展開が変わっていたように思います。(いや、ちょっとだけやな・・)

さて、コレで今夏のメインイベントは終了です。
この後、エントリーしてるレースは、10月の岡山耐久と、11月のTD沖縄。

さあ、いよいよ沖縄に向けて後半戦のスタートです。


あ、その前に・・・親知らずを抜かなければ。。。

シマノ鈴鹿ロードレース | comments(12) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

鈴鹿ではお初でした!

お会いできて良かったです。ジャージカッコよかったですね。

コノやロー氏、最高です(笑)決してヤラセでない雰囲気がピットロードに漂っています。親に叱られた子供みたいです(失礼!)

後半戦も楽しいブログをお願いします!

沖縄ベストで挑めるといいですね。
八丁味噌 | 2011/08/30 10:57 PM
2日間お疲れ様でした。

何はともあれ、5レース走れて良かったです(爆)

でもアレですね。

全国122万5千人のvanbooファンの認知度ど凄いですね。

ボクもこのブログに出演させていただいて

めっきり「癒し系」いや「ゆるキャラ」が定着したような・・・。




トラック野郎 | 2011/08/31 5:10 AM
いやいや、ラストサムライ2名の頑張りは、すごいですね。涙をのんで出れなかったチームメイトの為に、ん?いや、自分たちの意地のために、ん?あれ、なんの為に?
まっ、とりあえず5ステージ走り切ったのはスゴイデス&#8252;
ほんとにお疲れ様でした。
のんのんの次の携帯待ち受け画面、決まりました。(笑)
のんのん | 2011/08/31 7:22 AM
八丁味噌さん>
どうもどうも、こちらこそお会いできて楽しかったです。
はい、決してヤラセなんかではございません。ホンマです。マジです。(笑)

>沖縄ベストで挑めるといいですね。
はい、それまでには親知らずを何とかしときます。。。^^;

トラック野郎さん>
いや〜、何はともあれ、2日間のステージレース、堪能いたしましたネ。(笑)

>めっきり「癒し系」いや「ゆるキャラ」が定着・・
そうですね。かなりアナタのキャラは確立してきました。
ココは、思い切って、『コノヤローTシャツ』とか『アノヤローぬいぐるみ』とかを作って、vanbooジャージと一緒に売り出しましょか?(爆)

のんのんさん>
初鈴鹿、どうもお疲れ様でした。
ん? そういえば何のため? アレ?
いや、アノヤロー氏がウチに帰って、息子さんに「パパはナニしに行ったの?」なんて質問を受けないようにするためでんがな。。。

>次の携帯待ち受け画面・・
↑コレ、いっちゃいますか?
この二つが1秒毎に切り替わるのが、面白いと思いますでし。。。
vanboo | 2011/08/31 5:54 PM
ファイブステージお疲れ様でした〜m(__)m。

コノヤロー氏最高の笑顔やないですか……来年も取り逃がさないようこの写真をモチーフにジャージのリデザインしなきゃいけませんね。

落車さえなかったら中々楽しいレースですし、また一緒に走りたいっすね〜。ってかどうせバレてるし、サニーからあと5チームぐらい出したらええねん〜( ̄▽ ̄)
シロしば | 2011/09/01 6:12 PM
シロしばさん>
どうもお疲れ様でした。
いやいや、あらためてサニーサイド馬鹿モノ・・・あ、いや若者チームのレベルの高さを思い知りましたよ〜。
ていうか、こんなスプリンターのためのステージレースは、このオイラには全く不向きでございました・・。(エ?今頃気付くなって?)

ま、でも結構楽しかったので、来年また気が向いたら出ようかかな〜。。。
vanboo | 2011/09/02 5:34 PM
遅ればせながら鈴鹿お疲れ様でした。
vanbooチーム、サニーサイドチームそれぞれ熱のこもった走りで、さすが強いチームは違うなぁ。と実感しました。

我々CSYといえば山岸君という強力な助っ人がいたのにもかかわらず情けない結果に終わってしまいました。

練習は嘘をつきませんね。

陸上部でがんばる息子さんや、我が愚息を見習っておきなわに向けて練習だ!

PS.そろそろアホの会、参加してくださいね。
アホの会 | 2011/09/03 5:49 PM
トド@アホの会さん>
いやいや、CSYの皆さんは、最後まで皆で走りきってらっしゃるところが素晴らしいです。
それに比べて、vanbooチームは・・。^^;

それにしても山岸選手はスゴかったですね。
何と言っても、オイラの胴周りくらいはあるようなフトモモの太さに、ビックリでし。。。(笑)

>アホの会・・
一度、キルワニ&キル兄ぃさんに相談してみます。(何を?)
vanboo | 2011/09/04 7:05 AM
スズカお疲れ様でした。

あの、なんですか、アホの会でございますか。

教祖さま、十分でございますよ。
さ、どうぞ、お出かけのご用意を。
キルワニ@会員 | 2011/09/05 8:51 PM
キルワニ@会員さん>
エ!エ〜っ!!!! マジっすかぁ〜!!!
し、師匠。オイラを放って行かないでくださいまし。
何とぞ御加護のほどを〜。。。

ま、仕方ない。
んじゃ、一度、実家のお母ちゃんにも相談してみます。(何を?)
vanboo | 2011/09/06 12:18 PM
スズカお疲れさまでし。

えっ、アホの会?
いつも師匠連れて行ってるから待ってるで。


お母ちゃん@会員 | 2011/09/06 5:27 PM
母ちゃん>
エ!エ〜っ!!!! マジっすかぁ〜!!!
でも、師匠の「憐れもない姿(まさにピー・・もん)」を某所で見てしまってからは、オイラ、ドン引きしてるんですが〜。。。(アノ世界は無理や〜!)
vanboo | 2011/09/07 8:53 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/262
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM