<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< いざスズカへ・・・ | main | 5ステージ・スズカ 参戦記 2011 2日目 >>

5ステージ・スズカ 参戦記 2011 1日目

鈴鹿では、ここのところ4年連続で「国際ロード」に出場しておりましたが、今年はちょっと趣向を変えて「5ステージ・スズカ」に初参戦。
ロードレース3戦に、個人TT、そしてチームTTを行ない、そのタイム差で個人総合と、チーム総合を争う種目です。

「チームサニーサイド」としては、ラオー氏、ニゲ猫氏、シロしば氏、W坂氏、gucci氏などがが去年からこのレースに参戦してるので、こちらは新たに「Team vanboo」を立ち上げて参戦することに。
メンバーも、osama氏、GFT氏、asaasa氏、トラック野郎氏、ゴン氏、そしてオイラと、かなり高齢な・・・いや、強力な面々が集まりました。

ま、オイラの名前が付いたチームですが、とにかく平坦の独走力がほとんどないオイラにとっては、個人TTなんて「全くありえない」種目です。
なので、実際には総合力に長けるosama氏がエースとなる目論見。

んが、何とそのosama氏が、盆休み中に単独落車し、今期復帰不能に・・・。
ついでに、オイラも親知らずを痛めてしまい、ほとんど食べれず&走れずの状態に陥り、出場が危ぶまれる状況に・・・。

IMGP2389.jpg
初ディープホイール仕様のマドン号

ま、でも、とりあずオイラは、強力な痛み止めの効果もあって、何とか出場・・・。(国際ロードやったら止めてたな・・)
もちろん親知らずはそのまま。
とりあえず、ゼリーを大量に持参して鈴鹿に向かいます。
ま、でも、出発当日には、何とかラーメンが食べれるまでには、口が開くようになってきました。

それにしても、鈴鹿では色々な方々にお会いできるのが楽しい。
同じ5ステージに出場する中では、ユーロワークスのS木さん。
何と、最近、コンセントを足の裏に刺して充電(?)しようとしたらしく、足の裏に穴が開いちゃって、まだ結構痛いですとのこと。(全然意味が判らん・・・)
CSヤマダのトドさんは、昨年に続いての出場とのこと。
「いつも息子がお世話になってます」と、ご挨拶しておきます・・。
心の中では「アホの会には誘わないで・・」とも・・。


■第1ステージ (ロードレース・フルコース5周回/29.1km)

やや緊張気味にスタート。
参加者は200名以上。かなりの大集団です。
ゼッケンナンバー順に並びますので、結構後方からのスタート。
結構ペースは速め。十分付いていける感じですが、集団はかなり不安定。
どうも選手間に結構レベル差があるようで、集団走行に慣れてないような走りの方もチラホラ。

ま、去年の国際ロード以来、丸々一年ぶりのレース。
あまり無理をせず、危なそうな方には近づかず、淡々と集団の中でゴールを目指します。
中盤に、下りのS字コーナーで、いきなり膨らんできた横の選手と肩でオシクラ饅頭ゴッコをしたり、終盤に、ヘアピンを抜けたあたりで、ガードレールに突っ込んで数メートルほど舞い上がっていた選手を見たような気がしますが、あまり気にしないようにして、何とか無事に集団ゴール。

チームでは、GFT氏、asaasa氏も同タイムで集団ゴール。
んが、トラック野郎氏は、なぜか集団から切れてて、5分差ゴール。
ゴン氏は、なぜか途中でレースを降りててDNF。
ルールでは、チーム内上位3人のタイムで、チーム総合を争うことになります。
てことで、いきなり我がチームは、オイラとGFT氏、そしてasaasa氏の3人で戦っていくことが固まってしまいました。。。(決定が早すぎるやろ・・)

(第1ステージリザルト)
ステージ順位: 88位/222人
個人総合順位: 91位/229人
チーム総合順位: 26位/40チーム
http://www.shimano-event.jp/result/11suzuka/061-1.pdf


■第2ステージ (個人TT・ショートコース1周回/2.2km)

かれこれ8年近くレースに出場してますが、この個人TTという競技は全く初めて。

IMGP2349.jpg
スタートは、先ほどの第1ステージの逆着順

エ〜・・、結論から言いますと、大撃沈です。。。

10秒前にスタートしたGFTの姿は、あっという間に見えなくなり・・。
5秒後にスタートしたラオー氏には、ピーク手前で思いっきりブチ抜かれ・・。
ピークを越えて折り返したら、強烈な向かい風に負けて、速度は20km/h台に・・。
下りでも全くスピードは乗らず、後ろから次々と追い抜かれ・・。何だか歯も痛いような・・。
で、最後の直線では、腰を上げる気にもなれず、ヘロヘロとゴール・・。

ま、オイラ・・・独走力に欠けると薄々感じてはいましたが、まさかココまでヒドイとは・・。

ちなみにチームメンバーからは、失笑を超えて、大爆笑をいただいてしまいました・・。
ハハハ・・。(笑うしかない・・)

(第2ステージリザルト)
ステージ順位: 204位/221人
個人総合順位: 144位/229人
チーム総合順位: 28位/40チーム
http://www.shimano-event.jp/result/11suzuka/061-2.pdf


■第3ステージ (チームTT・フルコース4周回/23.3km)

一番のキモレースです。
チーム総合においても、個人総合においても、事実上このステージでほぼ大きな順位が決定してしまいます。

序盤からGFT氏が積極的に先頭をひく展開。
osama氏の代走として急遽出走してくれたシュガーレイ氏も、なかなかの走りを見せてくれます。
3周回目に入ったころに、トラック野郎氏の姿が消える。
ま、コレはほぼ予定通り・・。

最終周回に入り、シケインを抜け、スプーンカーブ手前あたりで、GFT氏の姿が消えたことに気付く。
ま、コレも予定通り・・・って、アカンがな!!
GFT氏がおれへんかったら、チーム総合争いが終わってまうがな!

てことで、皆に声をかけ、完全に足を止めて後ろを待つが、GFT氏の姿は影も形もなし。
「う〜ん、アカンか・・・」と、仕方なく再出発。
20〜30秒ほどのタイムロス。(う、コレは痛い・・・)
とりあえずラスト周回。後はそれぞれ全力で走ってゴールします。

ま、とりあえず走り終わった後に、残った4人でお互いに健闘を称えあって握手します。
まあ、こうしてチームで力を合わせて全力で走るのは単純に楽しい。
これぞチームTTの醍醐味(?)です。

IMGP2366.jpg
チームTTゴール後の一コマ

しかし、コレでチーム総合争いからは完全に脱落。
今後は、チーム内トップのasaasa氏をエースにして、個人総合狙いでいくしかありません。
ちなみに、asaasa氏の現在の個人総合順位は77位・・・。

後は、明日のロードレース2本のみ。

う〜ん・・・・何だかな〜・・・・

もう終わってるような気がするよな〜・・・・

(第3ステージリザルト)
ステージ順位: 21位/40チーム
個人総合順位: 92位/229人
チーム総合順位: 24位/40チーム
http://www.shimano-event.jp/result/11suzuka/061-3.pdf


以後、2日目に続きます。

シマノ鈴鹿ロードレース | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

う〜ん。。。

個人TT、チームTTとも

なぜ鈴鹿には「山岳」があるのでしょうか?

あれさえ無ければ…
トラック野郎 | 2011/08/29 10:04 PM
う〜ん。。。
チームTT、 インターミディエイトWとも
なぜ 鈴鹿には 『山岳』と『向い風』があるのでしょうか?
あれさえ無ければ。。。。。?
のんのん | 2011/08/29 10:56 PM
5ステージお疲れ様でした。
やはり鈴鹿は「山岳コース」なのですね‥。

で、私のオーダーしたチームジャージは???(ぉぃ)。
きっちょむ | 2011/08/29 11:49 PM
トラック野郎さん>
どうもお疲れ様でした。

>なぜ鈴鹿には「山岳」があるのでしょうか?
う〜ん。。。 「そこに山があるから」ではないでしょうか?

のんのんさん>
どうもお疲れ様でした。

>なぜ 鈴鹿には『向い風』があるのでしょうか?
う〜ん。。。 『ホームストレートに追い風があるから』ではないでしょうか?

きっちょむさん>
そう、スズカには超級山岳がある、らしいです。。。
最近のF1マシンは、凄いところを走ってるようです・・。^^;

>で、私のオーダーしたチームジャージは???
あ、スズカの出店で全部売れたんじゃないでしょうか?(笑)
vanboo | 2011/08/30 9:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanboo.jugem.jp/trackback/261
この記事に対するトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM