<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

酷暑(読書)の夏

毎日毎日ホンマに暑いでんな〜。

特に通勤の行き帰りの暑さがたまりません。
ちなみにオイラの勤務先は自転車通勤NGなので、電車通勤をしてます。
片道約1時間。その電車の中では本を読みながら過ごすことが多いです。

で、この暑〜い夏の間に読んだ本のうち、結構面白かったものをズラっと並べてみました。

「噂」 荻原浩
「サヨナライツカ」 辻仁成
「家日和」 奥田英朗
「約束」 石田衣良
「5年3組リョウタ組」 石田衣良
「永遠の0」 百田尚樹
「ちょんまげぷりん」 荒木源
「ちょんまげぷりん2」 荒木源

その中で一番強く印象に残っているのは、こちら・・・



永遠の0」 百田尚樹著 (講談社文庫)

太平洋戦争の零戦隊員のお話。
戦争モノですが、現代の主人公からの視点で物語が展開していきますので、非常に読みやすくできてます。
発売されたのはもう1年以上前なのですが、それから口コミで評判を呼んで、今やベストセラーになっているとのこと。

この本には、あの戦争で起こった様々な事実とその真実が書き述べられています。
608ページもの分厚い文庫本ですが、オイラ、あまりに夢中になりすぎて、朝から駅を降り過ごしてしまいました。。。(ココはドコ?)

それにしても「回天」という人間魚雷まであったなんて・・・。


んで、秋はまだか〜。。。
読書関連 | comments(15) | trackbacks(0)

ダメだ・・・

連休明けから、いきなり喉の調子が悪くなり、その週末にあえなくダウン。。。

その後、病院に行って薬を処方してもらい、何とか先週末には回復。

で、日曜日に、いい気になって、「幻の天草チャンポンツアー」と称して、トラック野郎氏&GFT氏と共に往復160kmのツーリングを敢行。

で、翌日からまた調子が悪くなりダウン。。。

てことで、昨日また病院に行って、薬を処方してもらいました。


液体の薬って、子供ころ以来でんがな・・。(しかも、マズっ・・・)

とりあえず、朝練も自粛中です。

グランフォンド福井300kmまで、あと1ヶ月弱。。。
ま、それほど焦ることもないでしょう・・。(ホンマか?)


ヒマなので、今話題の本を購入。



もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海 (著)  ダイヤモンド社

どうみても、萌え系マンガのような表紙ですが、一応ビジネス本です。


で、オイラ、感動して、目から汗が少々・・・。マタカイ!
(この手のストーリーに滅法弱いオイラ・・)

それにしても、ビジネス本で、フツウ泣かせるか??
(いや、フツウ泣くか?)
読書関連 | comments(5) | trackbacks(0)

そうだったのか・・・

ああ、「不毛地帯」が終わってしまった。。。

壱岐正、カッコ良すぎです。
強靭な信念。そして何といっても、あの引き際の潔さは圧巻でした・・。

山崎豊子さんの著書も大好きです。
あのリアリティさがとにかく最高。(どこがフィクション?)
「不毛地帯」も原作を先に読んでました。

ちなみにオイラにはあんな生き方、絶対無理です。(当たり前か・・)
周りから「vanbooさん、もう無理でしょ? そろそろ引退を・・」なんて言われても、「やだ〜!まだやる〜!」と、思いっきりすがりつくのが目に見えてます。ハハハ。

それにしても役者さんて凄いですよね。
唐沢寿明さんは、気合漲る、まさに熱演。
原田芳朗さん演じる大門社長の若き頃と老いた後の対比が、ホントに同じ役者か?と思うほど見事。
ま、個人的には、ライバル会社の鮫島を演じる遠藤憲一さんが、一番のハマリ役でしたが。。。

そうそう、今やっている映画「沈まぬ太陽」も見るのが楽しみ。
あの恩地元を演じる渡辺謙さんを早く見てみたいものです。

ま、それは後日の楽しみとして・・。

このドラマを見て、ふと先日「シベリア抑留」についてちょっと調べてみました。(Wikipedia見ただけやけど・・)
で、「こんなことだったのか・・」と、オイラのこれまでの無知さ加減にちょっと衝撃・・。

てことで、ついでにAmazonで、こんな本を発注。



そうだったのか!現代史  池上 彰 著 (集英社文庫)

「週刊こどもニュース」でも人気だった池上さんの著書。
東西冷戦、北朝鮮問題、キューバ危機、パレスチナ紛争、ベトナム戦争、天安門事件など、おもに戦後に発生した大きな出来事について、その背景もふまえて非常にわかりやすく解説されてます。

読むと、恥ずかしながら「エ?そうだったの!」と、これまた衝撃を受けることがたくさん。
そしてその中には、「知らなかった・・」では済まされないようなことも・・。
読み終わるまでに、目からウロコが2万枚ほど落ちました。。。

それにしても、この池上さんって方もスゴイ人ですな・・。


あ、本日は固定ローラーで、20km。 今月の累計は、145km でし。
読書関連 | comments(4) | trackbacks(0)

シーズンオフ突入です vol.3

先週末に松谷サイクルさんに行くと、「vanbooブログのファンの方がいらっしゃったよ」と言われた。(へ?)
そしてその方は「沖縄が終わり、記事のアップが少なくなって寂しいです・・」ともおっしゃってたとのこと。

とても嬉しいことです。
てことで、他愛のない内容の記事でも、とりあえずアップしていこうかなと・・。
(気が向けばですが・・)

んで、まずは最近読んだ本でお薦めのものをちょっと紹介。。。(またかい!)

夢をかなえるゾウ (飛鳥新社) 水野敬也 著


単純に面白いです。主人公とガネーシャ氏とのやり取りが最高です。
自己啓発書の一種ですが、内容がシンプルなので結構心に響きます。
ビジネスの世界だけではなく、ロードレースの世界でも「夢をかなえる」ことにおいて、ためになるかも。。。
まずは「コンビニ募金」からはじめようかな?(笑)

おくりびと (小学館文庫) 百瀬 しのぶ 著


現在公開されてる映画の本です。
主人公はもちろん、登場人物それぞれにとても深い味があり、読み終わった後に、何か穏やかで心優しい気持ちになれます。
映画での出演者は、本木雅弘さん、広末涼子さん、余貴美子さん、山崎努さんとのこと。
ぜひ見に行きたいです。

ちなみに、結婚されてからの広末涼子さんは雰囲気が良くて結構好きです。


あ、トレーニングの方は、今週から朝だけローラーを回してます。
(気が向けばですが・・)
読書関連 | comments(2) | trackbacks(0)

シーズンオフ突入です vol.2

ツールドおきなわも無事終わり、その余韻に浸る毎日。
で、ここんところは読書にはまりながら、秋の夜長を楽しんでます。

本は結構読みます。(エ?イメージがちゃう?)
推理モノからドキュメンタリー、そしてエッセイまで、基本的に何でも来いですが、最近は軽いタッチのモノを読むことが多いです。

で、ちなみに最近読んだ中で面白かったものは、以下のサラリーマン短編集2点。

マドンナ (講談社文庫) 奥田英朗 著


これ通勤電車の中で大笑いしました。
「男っていつまで経っても・・だよな〜・・」と笑える反面、この中にさりげなく出てくる奥様方の素晴らしさ(?)にも感心しちゃいます。。。

借金取りの王子 (新潮社) 垣根涼介 著


これは以前に読んだ「君たちに明日はない(新潮文庫)」の続編。
主人公は企業のリストラ処理を請負う会社に勤めるサラリーマン。
様々な会社の悲喜こもごもが、軽快な文章で綴られてます。
ただし表題作の「借金取りの王子」には、ちょっとウルウルしちゃいましたが・・。ポロリ
(ま、またかい!)

ちなみに垣根涼介氏の代表作は「ワイルド・ソウル(幻冬社文庫)」。
こちらは完全なハードボイルド長編。これは感動もの。これもお薦めでし。

いや〜、しかし、オフシーズンでんな〜。ポッ
読書関連 | comments(4) | trackbacks(0)
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM