<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

グランフォンド福井はDNS・・・

スッゴイ楽しみにしておりましたグランフォンド福井300kmですが、事情によりDNSすることにいたしました。。。





エ? 事情って何って?








いや・・別に・・







ただ雨の中を走るのがイヤなだけなんですけど。。。
グランフォンド福井 | comments(11) | trackbacks(0)

GRAN FOND FUKUI 2010

唯一無二! 新設! 先着100名さま限定!

何だかとっても”美味しそう”な言葉に乗せられ、あまり深く考えずにエントリーしてしまったグランフォンド福井300km。

冷静になって、あらためて発表されたコース図を見ていると、

ふと・・

コレって、ホンマに完走できるものなのか?

なんて思いが、湧き上がってきた今日この頃。。。

てことで、軽くタイムスケジュール表を作成してみました。
(とりあえずASでの休憩は5分・・。平均時速は27km/hくらいで・・。)




ゲゲゲ・・、コレで関門ギリギリやん。。。
(特に赤字のとこ・・)

こりゃ、天候次第(特に風)では、死ぬな・・。
(エ?気付くの遅い?)
グランフォンド福井 | comments(11) | trackbacks(0)

グランフォンド福井2009 参加レポート

昨年に続いて2回目の参加。

続きを読む >>
グランフォンド福井 | comments(11) | trackbacks(0)

グランフォンド福井2008 参加レポート

「グランフォンド福井」に初めて出場してまいりました。

エントリしたのは、今年からできた「グランフォンドプレミアム」という210kmものコースを走るクラス。
ちなみにチームからは、8耐T氏、osama氏和泉@hide氏、そしてトラック野郎氏と、かなり濃いメンバーがエントリー。いやいや楽しくなりそうである。^^;

大阪泉大津を夜20時過ぎに出発して、イベント会場の今庄365スキー場に着いたのは、23時半ごろ。結構近い。
ちなみにクルマは8耐T氏のキャンピンカー。吉野川センチュリーラン以来だが、いたって快適快適。大の大人4名でも普通に寝れるのはスゴイ。。。

明けて翌朝。とても爽やかなアナウンスの声とともに目を覚ます。
「みなさん!おはようございます!グランフォンド福井にようこそ!」
ちなみに時間はまだ4時半。いつもの朝練と同じ起床時間である。(めっちゃ早いやんけ・・)

外へ出て、ビックリしたのは、赤いTシャツを着たスタッフの方の数。
結構若い方が多い。この福井のバルバチームの方らしいが、皆さん元気に挨拶されていて本当に気持ちが良い。
早速、受付に行って、ゼッケンやTシャツ等をいただく。何とそのTシャツには後ろポケットが付いていた。(素晴らしい・・)

チームジャージに着替えて、クルマの外に出るとシルベストのIわおさんが来られたので、しばし談笑。どうやら今日は一人でご参加とのことである。(シルベスト列車はなし・・)
何ともうアップに行ってきたとのことだったので、オイラもバイクの点検がてらに近くまで走りに行く。
と、帰ってきたら、トラック野郎氏から「今、ちょうどキルワニさん夫婦が来られたんですよ!」と言われたので、近くを探索。で、すぐに発見。



とりあえず”ビフォー”を撮っておく。。。
いたってお元気そうである。(フフフ・・)

またクルマに戻ると、先日の富士ヒルクライム40〜44歳クラスで「幻の準優勝」に輝いていたあの方が来られていた。
とりあえず、3位になれた御礼を述べて握手する。(いい人だ・・)



しかし、なんちゅうゼッケンや・・・

何てやっているうちに、スタート地点への召集がはじまった。



プレミアムにエントリしているのは200人程。
何と、スタートしていきなりこのゲレンデを上に向かって上っていくらしい。(エ?マジっすか?)
10人ずつ分けてスタートするとのこと。と、一番先頭を見ると、ファンライドライターのアサノ氏の姿が。と、その横にちゃっかりIわお氏もスタンバイしていらした。。。(やる気マンマンやないか・・)

で、「ピー!」と、笛が吹かれて順次スタート。
オイラたちのチームも、10番目くらいに無事スタートを切る。
いきなり10%超の急坂。しかもかなり道が狭い。とりあえず先にスタートした選手の間を、縫うように前へ前へと進んでいく。

2、3kmほど上って、ちょっと下ると大きな道に出てきた。
そこからは一気に下っていく。落ち着いたところで集団を確認。10名程度とかなりコンパクトになっていた。
しかし、よく見るとトラック野郎氏の姿がない。(アラ?)
どうやら今日の彼は、最初の5kmで終わってしまったようである。(チ〜ン・・)



ちなみに、こうしてデジカメで写真を撮っていると、色々な方々から「ブログいつも見てますよ!」と声をかけていただけます。いやいや、ホントに嬉しいことです。

と、しばらく進むと、前にIわお氏を発見。無事確保である。(笑)
聞くと、前には何とファンライド@アサノ氏が一人で逃げているらしい。(マジ?)
まずはそのアサノ氏を拿捕すべくペースを上げて行く。
エ? トラック野郎氏? ま、それは置いといて・・。(どこへ?)

と、信号待ちで止まってると、いきなり後方が騒がしくなった。
見ると、何とトラック野郎氏が追いついてきていた。(わお!)
しかも、とんでもない数の選手を引き連れて。(ゲゲ・・)
てことで、そこからは、いきなり大集団での行進になってしまった。。。



無事?トラック野郎氏も合流でき、和気藹々と琵琶湖の湖岸沿いを進む大集団。
(しかし、何人おんねん・・)
ちなみに、一人で逃げていたファンライド@アサノ氏もエイドステーションで無事吸収できました。
(しかし、なんちゅうゼッケンや・・)



と、この直後に8耐T氏の身に大事件が発生。
で、約1時間後、彼はこんなことに・・・。



後ほどの病院からの連絡で、何と鎖骨が逝ってしまってたことが判明。
先日の美山サイクルロードでも準優勝を飾り、現在絶好調だった彼。
本当に残念です・・・。(泣)

ちなみに、直後を走っていたアサノ氏も巻き込まれてしまったが、こちらは擦過傷が酷いものの何とか走れるとのこと。(さすが・・)

ま、気を取り直して、チーム員4名、Iわお氏、そしてアサノ氏の6名でゴールを目指すことに。
琵琶湖から、日本海へと抜けていきます。
相変わらずosama氏、そしてシルベストIわおさんも超元気。
どんどん先頭に出られて、ガンガン列車を引いていきます。(ちょっとシンドイよ〜・・)



と、敦賀半島のエイドステーションでキルワニさん夫婦を発見。



キレイな日本海を見ながら、楽しく過ごします。
ちなみにキルワニさんは、「いやや〜!ここからがまさしく山場や〜!」と一人で騒いでおられました。。。(笑)

敦賀半島を越え、ここからプレミアムクラスは立石岬へと北上します。
んが何と、その分岐地点でスタッフの方より「すいませ〜ん!プレミアムの方も右へお願いしま〜す!」と、無念のタイムアウト通告。約20分遅れだったらしい。う〜ん、残念。。。

あとは敦賀市内を抜けて、最後の上りへ向かうのみ。
とりあえず、またエイドステーションで補給する。(もうお腹いっぱい・・)
と、「もうゴールではパーティーが始まってます!早く出発してくださ〜い!」とスタッフの方が叫ばれていた。(エ?マジ?)
イカン、食べ物がなくなってしまうと、慌てて出発する。(まだ食う気か?)

で、最後の坂へと突入。
徐々に勾配が上がってきます。いよいよここからはガチンコヒルクライム勝負。
最初はhide氏がいい感じでペースを上げていきます。
途中からは、オイラが先頭を交代。他の方をドンドン追い抜いていきます。
道路脇では、休憩する方やバイクを押している方も結構おられます。

と、その道路脇で、ひしゃくを手に持っている数人の女性陣を発見。(ん?)
何と、水をかけてもらえるサービスらしい。(素晴らしい!)
浴衣姿の女の子もいる。(めっちゃ可愛いじゃん!)
やおらペースを上げて集団の先頭に立ち、そのサービスを存分に受けさせてもらいます。(ひ、ひやっほ〜っ!)

更に上っていきます。益々勾配は上がってまいりました。(ちょっとキツイやんけ・・)
ふと後ろを確認すると、もう相手はosama氏のみ。(オ・・)
と、そのosama氏も「もう降参していいっすか?」なんてことを言ってきます。(ん?)
すかさず「全然構へんで〜!いつでもどうぞ〜!」と応えるオイラ。

ま、当たり前じゃ。
何たって「Mt.富士ヒルクライム第3位!」のオイラである。四十路クラスやけど・・
平地ならまだしも、山でこのオイラに勝とうなんて10万年早いってこと。(いや100万年だな・・)
苦しゅうない、苦しゅうない、もう下がってなさいって感じである。(フハハハ!!)

が、しばらくしても全然切れません。(んん?)
「もうエエんちゃうの?」と思うが、逆にオイラの前に出てくる始末。(オイオイ・・)
何てやっているうちに、トンネルが見えてきました。
トンネルを越えると、ちょっと下って最後は1kmほどのスキー場までの上りだけ。
で、オイラの足の方は・・・あまり残っているとは言えない状況です。。。(ちょっとヤバイ?)

何て思っているうちにトンネルを抜け、前方に最後の坂が見えてきました。(エエっ?)
こ、コレは・・・どう見ても超激坂。昨日、車から見た以上に、ファンタスティック!です。
と、osama氏が一気にガシガシと上っていきます。
オイラも負けじと踏み込みます。(おっりゃ〜!)
が、しかし、もう・・スカスカでした。。。(オーマイゴー・・)

徐々に差が開いていきます。
もう100万年経過したようです・・・。たらーっ
仕方なく、背中からデジカメを出して、記念にパチリ。(な、何をしとんねん!)



で、ヘロヘロ度120%で、何とかゴール。。。
(ま、負けてしまった・・・)

ま、とは言っても、コレはレースじゃありません。(そうそう・・)
ま、とりあえずは、夏の鈴鹿が勝負です。(こちらが本番・・)
あ、そうそう、その前にグランフォンド吉野もありました。(これなら山ばっかし・・)
あ、コレもレースじゃないのか・・・。

エエ〜い! そんなことはどうでもいいっ! とりあえずリベンジじゃ!

さて、今回のポラールデータはこんな感じでした。



いや、それにしても楽しいイベントでした。
何しろスタッフの方の対応が素晴らしい。参加者に喜んでもらおうと様々な演出や、色々なサービスを考えてされています。そのうえコースも変化に富んで面白い。
コレは都合さえ合えば、来年からもずっと出てみたいと思っちゃいます。

で、最後に記念撮影。



それにしても、病院から戻ってきた8耐T氏が、痛々しすぎます。。。

あ、そうそう、キルワニさんも無事ゴールしました。



”アフター”も無事撮影完了。
それにしても、身体はヘロヘロのはずなのに、口だけは相変わらずでした・・。(爆)

さてさて、次のイベントは、7月13日の「ヒルクライム大台ケ原」です。
このレースは中盤の激坂が最大のポイント。

このレースでもし入賞できたらホンモノなんだけどな〜。(んなもん、できるかい!)

にほんブログ村 自転車ブログへ
グランフォンド福井 | comments(15) | trackbacks(0)
にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

P-NETBANKINGへ

みんなのブログポータル JUGEM